日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ドロップ&カットの基本レッスン

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ドロップ&カットの基本レッスン

第2回 効果的に決めるための「ラリーでのスピード」の考え方

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

前回は、「練習に対する考え方」についてお話ししました。今回からは各ショットの基本ポイントやおすすめの練習方法などを紹介していきます。テーマはドロップとカットです。ぜひ参考にしてください。

ドロップ&カットの基本をチェック!

ドロップ~スマッシュやクリアーに組み合わせ、スピードに緩急をつける

 ドロップは相手を前に動かすために必要なショット。球のスピードは速くありませんが、スマッシュやクリアーと組み合わせることで、ラリーにスピードの緩急を生み出すことができます。

 シングルスでは決め球になることもありますが、ダブルスでは相手の態勢を崩すための球、またはつなぎの球としてよく使われます。

 とくに攻撃で使うドロップは、スマッシュやクリアーと同じフォームで打つと相手の足を止めるフェイント効果があるので、基本練習のときからフォームを意識しましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

カット(リバースカット)~ラリー中の「スピード」と「長さ」に変化が生まれる

 カットはドロップに比べてスピードやキレがあり、シャトルも浮かず鋭角にコートに入ってきます。球足が長いので相手を大きく動かす球ではありませんが、カットを打つことでラリー中の「スピード」と「長さ」に変化が生まれます。

 とくにダブルスでは、スマッシュとドロップにカットが加わると、レシーブ側は“守備のリズム”を微妙に乱され、後々のレシーブミスにつながります。

 また、スマッシュで相手が後ろに下がったときなどにカットを打つと、甘い返球が来ることも多いものです。

[画像のクリックで拡大表示]
≪オグPOINT!≫ 素早いフットワークと打点の意識

 効果的なドロップとカットを打つためのポイントは、打点とフォームです。自分にとって一番打ちやすく、より高い打点でシャトルを当てることができれば、ショットの角度やコントロールが安定します。

 逆に、体がブレてフォームが崩れたり、打点が低くなったりするとショットが不安定になり、単純なミスが増えます。より高い打点、そしてフォームを安定させるために、まずはシャトルの下にいち早く入ることを意識しましょう。

 ドロップ&カットとフットワークを別々に考えるのではありません。よいショットを打つために、まずはフットワークを素早くすることが大切なのです。

1/5 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.