日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > 駅伝のたすきをつなぎ切り、全チーム見事完走!   > 5ページ

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

駅伝のたすきをつなぎ切り、全チーム見事完走! 

日経Goodayチーム「企業対抗駅伝 2015 東京」 大会レポート

「脇腹の筋肉がつったんだよ!!」

 レースが進むにつれて、我が「スーパーレジェンドチーム」の真打こと、真鍋さんも第3走者として、軽快な走りを披露してくれました。「久しぶりに追い込んで走ったので、途中で心臓が口から飛び出るかと思いましたよ(笑)」(真鍋さん)と言いつつも、割りと涼しい顔。さすがです!!

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
写真左、チームレジェンドの奥村さん。5㎞を17分台に迫るペースで飛ばします。写真右、元気みなぎる金子さんの快走ぶり。

 「いや~、予想よりみんな速くて、疲れました。でも気持ち良かった!」との感想を聞かせてくれたのが、「管理職はツライが上位は狙うぜ」の第1走者だった金子栄一さん(52歳、ランニング歴:3年10カ月)。5kmを19分台のペースという力走ぶり。

前半は快調に飛ばしていた編集長の米田だったが、この後ちょっとしたトラブルが…。
[画像のクリックで拡大表示]

 …ところが、トラブル発生!? 同チームのアンカーを任された編集長の米田(48歳、ランニング歴:5年)が、途中でなぜか歩き出すハプニング! ゴール後に聞くと、「脇腹の筋肉が軽くつっちゃって。応援がいないところで歩いたつもりだったのに、見つかったか…」とのこと。「ろくに練習もせずに、急にマジメに走っちゃダメだなぁ」と反省しつつ、「肩にたすきをかけてなかったら、途中だけでなくずっと歩いてたかも」と。駅伝は、やはり一人で走る通常の大会とは異なります。

 一方、「ランニングですこやか健康に」チームの第1走者だった佐藤敏也さん(41歳、ランニング歴:5年)は、「何とか良いペースで走り切れました」と、汗をびっしょりかきながらも、とても満足した様子。さらに同チームの第4走者を務めた松田昇さん(43歳、ランニング歴:1年3カ月)は、途中からとても苦しそうな表情も見せていましたが、無事にアンカーにたすきを渡すと、ほっとした表情を取り戻しました。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.