日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > ランニングで「走れる体」に変える食事術  > 4ページ目

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

ランニングで「走れる体」に変える食事術

第8回 読者ランナーの悩みに、アディダスランニングアドバイザーが回答

 もう1つ、食事で注意するべき点は、油っこい料理や生ものを避けることです。トンカツなどがいい例ですが、食後長い時間、胃の中に残っている感覚があると思います。それは消化吸収が遅いからで、内臓にも負担がかかります。もしも動物性のたんぱく質を取るならば、魚介類は「焼き魚」「煮魚」、肉類は「しゃぶしゃぶ」など、できるだけ脂を落としてから食べるのがいいでしょう。また、生ものを避けるのは、レース前にお腹を壊したり、食中毒になったりするのを防ぐためです。万が一、体調を崩してしまうと、たとえレース当日までに症状が回復したとしても、フルマラソンを走り切る体力には戻せません。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
レース本番が近づいてきたら、練習での体の負荷が少しずつ落としていく。代わりに食事では体にエネルギーを蓄えていくために、炭水化物(糖質)の摂取を増やしていくといい。(写真右、©Claudiu Badea-123rf)

 スタート地点に立つときには、胃の中は空でも、体にはエネルギーが充てんされている状態にしておくことが理想です。そのためには、麺類などの消化の良い炭水化物が中心の朝食を、スタートする2~3時間前には終えておきます。白川育男さんの質問にもあるように、レース前日に炭水化物をたっぷり取るのもいいと思いますよ。ただし、大会前夜と当日の朝の食事は、食べ過ぎに注意しましょう。満腹感を得るほど食べてしまうと、その後の走りのキレを妨げてしまいます。


大会、練習のいずれも、10㎞ごとで水分や栄養の補給を

 フルマラソンは人によっては5時間を超える長丁場。また、これからの季節は気温もどんどん高くなります。当然、走っている間に体に蓄積されたエネルギーは消費され、水分も汗として失われていきます。「走っているときの栄養や水分の補給のしかたについて」の質問もまた、読者ランナーから多く寄せられています。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.