日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > 動画を活用! 理想のランニングフォームでケガと痛みを防ぐ  > 5ページ
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

動画を活用! 理想のランニングフォームでケガと痛みを防ぐ

第7回 読者のランナーの悩みに、アディダスランニングアドバイザーが回答

理想のフォームに近づくと「疲れ」「痛み」が減る

 無理や無駄のない理想的なフォームを身につけておくことは、これから長くランニングを続けるにあたって「ケガの防止にもなる」と安喰コーチはいいます。たしかに、読者ランナーたちから寄せられた質問には、フォームの悩みに関連して腰や膝などの痛み、すりむき傷…といった、何かしらのケガや痛みを抱えながら走り続けているケースが多いようです。

Q.3

スピードを上げて走ると足の親指と土踏まずの間が摩擦で赤くなり、皮が剥けて、治るまで2週間以上かかってしまいます。フォームが悪いのでしょうか?

(森本 歓さん 44歳 ランニング歴:3年)


疲れてくると重心が右に傾く(自分でも意識はある)、長時間走ると腰痛がひどくなる。

(大神田和志さん 42歳 ランニング歴:20年)


A.3

 ここまで、自分のフォームを長所と短所をチェックするには、「腰の位置」「猫背」「上下動」に注目することをお伝えしました。またそれらを改善するためのアドバイスとして、「肩と背骨のラインでTの字を保つ」「骨盤を安定させて股関節から脚を動かす」「着地から蹴り出しは力まず自然に」という3つに取り組めば、体全体を使えるバランスの良い走りができるようになります。理想的なフォームに近づくにつれて、走る姿も自然と美しくなります。

安喰コーチから「T」の字をキープするようにアドバイスを受ける、読者ランナーの奥村さん。
[画像のクリックで拡大表示]

 できたら、私のアドバイスを実践する前後で動画を撮り、「Before」「After」を見比べながら、修正ポイントをどんどんと洗い出してください。無理なく走れるようになってくると、ランニングはもっと楽に長く走れるようになっていくはずです。

 もしそれでも、脚に痛みが出たり、足裏などに「すりむき傷」や「マメ」などが頻繁にできるならば、それはシューズそのものやインソールなどが体に合っていない可能性があります。そのときは、思い切ってシューズを買い替えたり、自分の足型に合ったインソールに取り換えるなどして対策を施してみましょう。




 ランニングは誰にでもできる、単純な動きの繰り返しだけに、そのフォームにはクセが染みついているもの。今回ご紹介した安喰コーチの改善方法を意識して、楽しく走れるようになっていきましょう!

 次回は、「ランニングと栄養管理」についてご紹介します。ぜひご覧ください。


(取材・文:松尾直俊、撮影:村田わかな、撮影協力:アディダスジャパン)

安喰太郎(あぐい たろう)さん
Harriers代表 アディダス ランニングアドバイザー
安喰太郎さん 1974年生まれ。早稲田大学商学部卒業後、イギリスに渡り英国陸上競技連盟コーチの資格を取得。帰国後の2005年に会員制ランニングチーム「Harriers(ハリアーズ)」を設立し、代表を務める。36歳になる年にフルマラソンで自己ベストを出すなど、ランナーとしても活躍中。日本体育協会公認陸上競技指導員。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.