日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > 動画を活用! 理想のランニングフォームでケガと痛みを防ぐ  > 2ページ目
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

動画を活用! 理想のランニングフォームでケガと痛みを防ぐ

第7回 読者のランナーの悩みに、アディダスランニングアドバイザーが回答

スマホの動画を使い「全身」と「脚部」を撮り比べる

 ここで読者ランナーたちから寄せられた悩みをいくつか取り上げてみましょう。そして、それらを改善するためには、自分のフォームのどこをチェックすればいいのか。早速、安喰コーチに聞いてみました。

Q.1

自分のフォームを撮影してもらった写真を見ると、歩幅が狭く、アゴも上がって体が棒のようになって走っています。後ろ足での蹴り出しがうまくできず、スピードが出ないのですが、フォームを改善すれば治るでしょうか?

(白川育男さん 50歳 ランニング歴:5カ月)


フォームが前のめりになっている気がします。

(市川圭一さん 34歳 ランニング歴:5カ月)


ドタドタした走りになってしまいます。脚が正しく上がっていないのでしょうか?

(吉田裕子さん 48歳 ランニング歴:5カ月年)


A.1

 自分が走っている姿というのは、やはり自分自身では確認できないものです。しかも、ランニングの教則本や専門誌などに出ているような連続写真を参考にして走っているつもりでも、なかなかその通りにはできないものです。本来であれば、ランニングの専門コーチに指導してもらえればいいのですが、一般のランナーたちはこうした機会がなかなかないのも実情でしょう。

 そこで、私はスマホを使った動画撮影を活用することをお勧めしています。友人や家族、ランニング仲間に頼んで、自分が走っている姿を撮影してもらうのです。このときのポイントは、「全身」と「脚の運び方」の2パターンを撮ることです。特に後者は腰から下の「脚の動き」にフォーカスしてもらう。全身の走る姿を見た後に、脚部の動きと比較することで、自分のフォームの長所と短所、さらに修正するべき癖などが見つけられるようになります。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.