股関節は「前後」「左右」「回旋」という3つの可動域を意識する。ランジなどのメソッドも効果的だ。

記事に戻る