日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > 読者ランナー集結!企業対抗駅伝「日経Goodayチーム」が始動
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

読者ランナー集結!企業対抗駅伝「日経Goodayチーム」が始動

第5回 アディダス ランニングアドバイザーによるランレッスンを実施

 日経Goodayチーム・読者ランナー募集にはたくさんのご応募をいただきありがとうございました。日経Gooday編集部にて厳正な選抜を行い、ついにメンバーが決定いたしました!

 「企業対抗駅伝 2015 東京」までいよいよ1カ月を切った4月18日(土)、選抜メンバーの初顔合わせとチーム編成発表、そしてランニングセミナーが「adidas RUNBASE」(東京都千代田区)で開催されました。ここから5月16日の本大会に向けて、日経Goodayチームがいよいよ始動します。

読者ランナー22名と編集部員を交えて、安喰太郎コーチによるランニングセミナーがスタート。5月16日に開催される「企業対抗駅伝 2015年 東京大会」に向けて、いよいよ日経Goodayチームが本格始動した。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、集まった読者ランナーは男女22名で平均年齢45歳。つい1カ月前に走り始めたばかりという初心者から、楽しみながら走るファン・ランに親しむ人、そして、フルマラソンで“サブ3(フルマラソンを3時間以内で完走)”を保持する超上級者まで、実に様々なキャリアを持つランナーたちが集結しました。ランニングセミナー当日はなんと! 自宅のある千葉県から片道60kmの道程をロードバイクでやってきたという人まで、多彩なメンバーがチャレンジすることになりました。

「準備運動で息が切れた。この先、心配です…(笑)」

日経Gooday編集長の米田勝一が、大会に向けた意気込みを語る。

 ウェアに着替えたメンバーたちは、早速、「adidas RUNBASE」の前にあるテラスに集まり、セミナーがスタート。

 まずは、当サイト編集長・米田勝一が挨拶をした後、日本体育協会公認陸上競技指導員や英国陸上競技連盟コーチ資格などを持つ、アディダス ランニングアドバイザー・安喰太郎(あぐい・たろう)さんによるランニングレッスンが始まりました。

 この日は、「adidas RUNBASE」から神宮外苑まで、往復でおよそ5㎞強の一般道コースをレッスン形式で走るプロクラム。ちょうど折り返し地点にあたる神宮外苑にある聖徳記念絵画館の前の広場において、安喰コーチによる個人レッスンが受けられることもあり、参加してくれた読者ランナーたちのテンションも自然と上がり気味です。

 はじめに上半身、特に肩甲骨周りの柔軟性を高めるウォーミングアップから。安喰コーチによると、「ランニングを快適かつ軽快に走るためには、脚部を鍛えることばかりではなく、上半身を柔らかくしておくことが大切」だといいます。楽に長く走り続けるためには、肩甲骨の動きを高めて上半身をしっかり使えることが欠かせません。特に体幹で生み出した力を脚に伝えることが必要なのです。これからランニングを始めたいと思っている人はもちろん、ちょっぴり伸び悩んでいるランナーもぜひ知っておきたいポイントです。


1/10 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.