日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > ラン初心者が間違いがちな「ギア選び」  > 4ページ目
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

ラン初心者が間違いがちな「ギア選び」

シューズ・ウェア・ウォッチ…「必須3アイテム」は正しく選ぶ

走行データが管理できる専用ウォッチでやる気をアップ!

 最後に、走力アップのためのトレーニングを支援し、やる気を引き出すアイテムとして、是非とも活用したいのがランニング用のウォッチです。目標の達成度合いや自分の走力のチェック、トレーニングの負荷のコントロールなどに役立ちます。

 各メーカーからさまざまなタイプが発売されており、走行データをはじめ、心拍数や消費カロリーも計測でき、パソコンに取り込んでクラウドで保存できる商品が増えています。管理したデータをグラフ化、数値化し、分析できるといった機能もついていたりします。昨今ではスマートフォンのアプリなどでも、かなり性能が良いものが出ていますが、走るときに身につけるにはやや大きすぎて、ストレスになることもあります。やはり腕時計型のギアが一番楽に使うことができると言えるでしょう。

 選ぶときのポイントは、操作ができるだけシンプルで簡単なこと。多機能を売りにしたモデルだと、設定方法や走行中の機能切り替えが意外と面倒になることもあります。ボタン操作に気を取られていると、転んだり、人とぶつかったりするなど、思わぬアクシデントの元にもなりかねません。

 自分がどれだけ向上しているかを視覚化して分析できれば、その進歩の度合いによって練習の励みにもなってくれます。繰り返しになりますが、初心者であれば1kmを8分から8分30秒程度、中級者ならば6分から6分30秒のペースを目標にして、測ることから始めるといいでしょう。

 このように、快適で安全なランニング・ライフを続けるためには、「シューズ」「ウェア」「ランニング用ウォッチ」という自分に適したギア選びが何より肝心だといっても過言ではありません。

注目の最新ウォッチ

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

内蔵の加速センサーで、ワンタッチでペースと距離、スピードや消費カロリー、ストライドレート等のデータを計測。リアルタイムにLEDディスプレイとLEDインディケーターで表示する。BluetoothでスマートフォンのmiCoach train & runアプリと連動しての管理もできる。

micoach FIT SMART

価格2万4840円

既に好評をいただいているランニング関連コラムも、一緒にお楽しみください。

有森裕子の「Coolランニング」

「あなたのランニングシューズ、本当に合ってますか?」

「こんなランナーにはならないで」

「レース後の「ケア」こそ、ランニングを長続きさせるコツ」

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

「初心者は小さめのシューズを選んで失敗する」

「暴走?迷走? まさかの“ぼっち参戦”で初レースに挑んだ結果」

「目標は「速く走ること」ではなく「楽に走ること」」

 


 次回は、いよいよ「企業対抗駅伝2015東京」で日経Goodayチームに参加する読者ランナーの決起集会の模様をプロフィールとともにご紹介します!

(文:松尾直俊=フリーライター)

このサイトで紹介した商品の詳細はアディダスジャパンでご確認ください。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.