日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > ラン初心者が間違いがちな「ギア選び」
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

ラン初心者が間違いがちな「ギア選び」

シューズ・ウェア・ウォッチ…「必須3アイテム」は正しく選ぶ

 ランニングは、基本的に体ひとつあれば始められるとてもシンプルな運動です。ですが、足元を支える「シューズ」や心地よく走り続けられる「ウェア」、さらに練習やレースで自分のペースをきっちりコントロールするのに役立つ「ランニング用ウォッチ」といったギア類に少しこだわってみると、ランニングがより面白くなり、しかも上達のきっかけにもなってくれます。

初心者から上級者までさまざまなレベルのランナーが参加するランニングや駅伝の大会。ケガの予防のためにも、シューズ選びは慎重になる必要がある。写真は「企業対抗駅伝2014東京大会」のスタートシーン。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、ビギナーが上達するために欠かせない、ランニングのギアについてご紹介しましょう。

初心者は軽くて、小さめのシューズを選んで失敗する

 今のシューズを購入する際、今後の上達を見越して、ソールが薄い超軽量タイプを選びませんでしたか? もしかすると、足によりフィットするようにと、ワンサイズ小さいシューズを選んでいたりしませんか?

 実はこれ、ビギナーがうっかり失敗してしまいがちな選び方なのです。もちろん、これからランニングを始めたいと考えている人も注意が必要です。

 シューズは快適に走るのと同時に、地面に着地したときに受ける衝撃から体を守る唯一のもの。ランナーにとっては、速く走るためだけではなく、ケガを防ぐための大切な「道具」です。ところが、ビギナーの多くは「有名ランナーが履いているシューズが欲しい」「デザイン性の高いシューズがいい」と、見た目やイメージで選びがち。日経Goodayの好評連載「有森裕子の『Coolランニング』」でおなじみの五輪メダリスト、有森裕子さんも「ランニングに耐えられる足ができていない初心者こそ、シューズは『好み』や『ファッション』で選んで欲しくない」と注意を促しています。

 30分、60分、90分…と長時間走り続けられる筋肉ができていないビギナーは、フォームやペースが安定していないため、地面からの突き上げと体重による衝撃で足や膝を痛めやすいのです。先に挙げた軽量でソールが薄いタイプは、一般的にはクッション性が低く、しっかり練習を積んだ中上級者向けモデルであることがほとんどです。今履いているシューズで練習するときに、足に違和感を覚えたり、地面から強めの衝撃を感じたりするならば、まずは「足元」から見直してみましょう。

日経Goodayチームが読者ランナーと「企業対抗駅伝」に参戦!
[画像のクリックで拡大表示]

 5月16日に開催される「企業対抗駅伝 2015 東京大会」(荒川四木橋緑地) に、日経Goodayチームが、読者ランナーとともに参戦!
 読者ランナーの募集はすでに締め切りましたが、「企業対抗駅伝」への参加申し込みはまだまだ受け付け中です。


 多くのランナーたちと親睦を深められるいい機会。企業単位のチームで、ふるってご応募ください!

 詳しいお申込み方法はこちらから。「企業対抗駅伝2015東京大会

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.