日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画  > ランが趣味。でも、駅伝を走ったことのないあなたへ
印刷

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

ランが趣味。でも、駅伝を走ったことのないあなたへ

隠れていた自分のパワーを発見!

 「走るのが遅くったっていいんですよ。たしかに、タスキをつなぐプレッシャーはありますが、“仲間と一緒にゴールを目指す!”という目標に向って走ることで、自分でも知らなかったパワーが隠されていることに気づくことが多い。1人孤独に走るマラソン大会とは違って、駅伝は貴重な体験ができると思いますよ」

ランニングアドバイザーの真鍋未央さん。
ランニングアドバイザーの真鍋未央さん。

 日経Goodayの好評連載「走り亀~ヘタレランナーフルマラソンへの道」において、ヘタレランナー「(のろまな)カメ子」を指導してくださるランニングアドバイザーの真鍋未央(まなべみお)さんが語る、駅伝の魅力です。

 駅伝の代名詞と言えば、もはや正月の風物詩となった「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」。今年は、青山学院大学が歴史に残る快走で初優勝を遂げ、大きな話題になりました。ただ、駅伝は「観る」だけではもったいない。思い切って出場してみたいと思いませんか? 箱根駅伝のような劇的なドラマはなくとも、チームの応援を背に走れば、真鍋コーチが言うように普段以上の力が発揮できるかもしれません。

駅伝はビギナーが参加するにもぴったりの種目

 駅伝は、「1人でマラソン大会に出るのはちょっと自信がない」「いきなり長い距離を走るのは不安」といったラン初心者にお勧めです。一般市民が参加できる駅伝大会は、1チーム3~5人で編成されることが多く、職場仲間やランニング友達と、あるいは家族で気軽に参加できます。1人が走る距離も2~5kmぐらいのものからあり、種目も複数あるためビギナーでも安心して参加できます。

2014年の企業対抗駅伝、東京大会での模様。
2014年の企業対抗駅伝、東京大会での模様。
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、1人で参加できる大会は通常ない…というのが駅伝の悩みのたね。

 そこで…。日経Goodayは、読者の方々と共に、「企業対抗駅伝 2015 東京大会」(5月16日開催/荒川四木橋緑地)に参戦することにいたしました! 本来は企業単位での申し込みが原則なのですが、今回は特例として、読者ランナーを交えた日経Goodayチームとして参加できることに。ただいま、読者ランナーを大・大・大・募集中です! 1人が走る距離は2kmか5kmで、とってもお手軽な距離。ビギナーでも安心です。昨年の大会は、880チームが参加して大いに盛り上がったそうです。

 駅伝大会は、1人で孤独に走るマラソン大会とは違って、チームメイトたちとコミュニケーションを図りながら、「走る楽しさ」を共有できるまたとない機会にもなります。初めてイベントに参加するとなると、誰もが不安でドキドキするもの。ですが、そんな緊張感をチームメイトたちが和らげてくれるのも、駅伝大会の魅力です。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.