日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「ほぐし」と「裏トレ」で腹をへこます!  > 前にせり出たメタボ腹は、体の背面の「裏トレ」でへこませる
印刷

「ほぐし」と「裏トレ」で腹をへこます!

前にせり出たメタボ腹は、体の背面の「裏トレ」でへこませる

STEP2 背中を鍛える4つのメソッドで眠った「腹横筋」に喝!

前回の「ほぐし編」で体の前面がほぐれ出したら、次に体の背面にある筋肉を“裏トレ”で鍛えていこう。腹をへこませるには、体の前面にある筋肉を直接鍛えるより、腹のへこみを背中から支える筋肉をつけることが大切。背中の力を高めれば、姿勢も真っすぐに整ってくる。

体の前面の腹筋を鍛えるだけでは腹はへこまない

 「腹筋を鍛えれば、腹はへこむ」というのは、もはや古い考え。特に、上体を腰から曲げ伸ばしするおなじみの腹筋運動は、体を丸める働きの「腹直筋(ふくちょくきん)」を鍛えるだけで、この筋肉は日常生活の動きではあまり必要ない。腹をへこませるには、「胸郭や股関節の動きに連動させたエクササイズで、『腹横筋』の下部を鍛えるのが基本」(広島国際大学の蒲田和芳准教授)なのだ。

 そこで、胸郭と股関節を大きく動かしながら、体の背面を鍛える“裏トレ”を加えていこう。

 ここでは4つのメソッドを使い、「大殿筋」「広背筋(こうはいきん)」「下後鋸筋(かこうきょきん)」「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」という背面にある大きな筋肉を鍛え、メタボ腹の解消に欠かせない腹横筋にもアプローチする。「どのエクササイズも、できるだけゆっくり動かして反復することが大切」(蒲田准教授)。ちなみに、腹横筋にはお腹を引き締める“コルセット”の役割がある。

 腹をへこませるには、前回もご紹介した(「メタボ腹解消の新ルール! 体の前面は『緩める』、後ろは『締める』 」)ように、体の前面を「緩める」ことに加えて、背面を「締める」といった相互の動きが不可欠。すべてのメソッドに慣れ始めたら、若かりし頃の“ムダ肉”のない腹が復活しつつある証拠だ。

腹やせのために必要な主な筋肉とは?
[画像のクリックで拡大表示]

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.