日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 息切れしやすい… 深くゆっくり「長生き呼吸」を  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

息切れしやすい… 深くゆっくり「長生き呼吸」を

呼吸筋鍛え、自律神経の調整も

 日本経済新聞電子版

運動も効果的

 呼吸筋は老化のほか、運動不足や悪い姿勢でも衰え、衰えると呼吸が浅くなる。運動不足が原因で衰えやすいのは、腰椎と太ももの大腿骨を結ぶ筋肉や横隔膜を背中側から引っ張って動かす筋肉などだ。

 だが、「散歩やウオーキングなどの軽い運動で鍛えることができる。また、水泳などの有酸素運動も呼吸の改善につながる」(坂田副部長)。運動が難しい人は、大きな声で歌う、笑うなどでも一定の効果を感じられるという。

 呼吸器専門医で池袋大谷クリニック(東京・豊島)の大谷義夫院長は、「姿勢で特に注意したいのが、パソコンやスマートフォンに向かう時の猫背」と指摘する。背中が丸まった姿勢では横隔膜が常に上がった状態になり、うまく空気を吸い込めず、十分な呼吸ができない。

[画像のクリックで拡大表示]

 「猫背の時の浅い呼吸は、姿勢を正した深い呼吸と比べると、肺活量をもとに計算した肺年齢が10歳以上高くなる場合もある」(大谷院長)。逆に、深い呼吸を習慣化すれば姿勢がよくなり、肺年齢を実年齢より若く維持することも可能だ。

 坂田副部長は「長生き呼吸を鼻呼吸でできるようになると、免疫が活性化されて風邪をひかなくなる人が多い」と話す。大谷院長も「普段から肺や呼吸機能を高めておくことは、風邪から肺炎といった病気の重症化の予防にもつながる」という。いつでもどこでも簡単に呼吸を意識することは可能。忙しい12月だからこそ、ゆっくりと深い呼吸を実践してみよう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.