日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 加工肉、日本人に影響わずか  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

加工肉、日本人に影響わずか

WHO、発がん性指摘で波紋

 日本経済新聞電子版

 結論からいうと、平均的な日本人にとって赤肉や加工肉の摂取で大腸がんを発症する恐れは「ほとんど無いか、あっても極めて小さい」となる。

 IARCが評価した論文の調査地は1日当たりの摂取量が50~100グラムの国がほとんどだ。日本人の摂取量は、13年の国の国民健康・栄養調査で同63グラム(赤肉50グラム、加工肉13グラム)と、同164グラムのドイツの約4割にとどまり、世界でも低い国に入る。食生活の変化などを背景に大腸がんは日本で増えているがんの一つだが、標準的な量を食べている限り、急速にリスクが高まるとは考えにくいという。

 これまでのがん発症要因の研究によると、日本人男性では「喫煙」が最大の要因だ。「感染」と「飲酒」がこれに続く。女性は「感染」が1位で、次いで「喫煙」と「飲酒」だ。赤肉・加工肉だけを発がんリスクと結びつけて考える必要はなく、食習慣全般に意識を振り向ける方が適切だ。

 赤肉にはたんぱく質やビタミンB、鉄、亜鉛などの健康に有用な成分が多く含まれる。また最近、高齢者の筋力を維持するためにも、たんぱく質の摂取は重要だとする見方が増えている。保存の利くハムやソーセージなどは重宝する食材だ。大腸がんのリスクを恐れて摂取を控えると、逆に健康を損なう危険が高まるかもしれない。特定の食品の良しあしの判定に、過剰に反応しない方がよいようだ。

専門家と社会、認識にズレ 「リスクあり」が独り歩き

 国際がん研究機関(IARC)による赤肉・加工肉と大腸がんリスクの発表では、健康に関するリスクの認識に専門家と社会の間にズレがあることが鮮明になった。意思疎通をうまくしないと、同じようなドタバタを繰り返すだろう。

 専門家は評価の仕組みや手順を理解しており、科学的には誤りのない結論を下す。ただ食品と健康に関する限り、前提条件があっても健康によいか悪いかの評価が決まってしまえば、社会は結論を単純化して受け止める。今回のように「赤肉・加工肉に発がんリスクあり」の結論が独り歩きする。

 専門家からの分かりやすい情報提供と、受け止める側の社会にも冷静に判断する姿勢が求められる。この課題は「リスクコミュニケーション」と呼ばれ、双方が協力して解決していくしかない。

 リスクコミュニケーションに詳しい国の食品安全委員会の姫田尚事務局長は「情報に振り回されず、様々な食品をバランスよく取ることが大切だ」と説く。

(編集委員 永田好生)

[日本経済新聞朝刊2015年11月29日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.