日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 日記でタイプを見極める… 頭痛を病気として考えよう  > 3ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

日記でタイプを見極める… 頭痛を病気として考えよう

服薬、医師の指導を/運動に予防効果も

 日本経済新聞電子版

[画像のクリックで拡大表示]

 坂井センター長は「予防や軽減には体を動かすのも有効」と強調する。片頭痛の最中は悪化するので、痛みがない時に毎日数分でも体を動かすようにする。緊張型は痛みの最中のストレッチが軽減につながりやすい。

 鈴木教授は頭痛治療の難しさについて「元気な時は病院に行きにくいし、痛みが出ると今度は動けなくて行けない。医師も適切な頭痛治療ができる人が少ない」と指摘。検査でも異常が見つからず「病院に行っても無駄」と諦めるケースも少なくないという。

 未解明な部分もあるが「脳の何らかの変化による病気であることが分かってきた」(坂井センター長)。「頭痛がなければ違う人生があるのではないかと感じたら、迷わず専門医の受診を」と鈴木教授。専門医は、日本頭痛学会のホームページで確認できる。我慢せず解決の道を探ろう。

白くまぶしい照明で悪化傾向

 片頭痛を引き起こすきっかけの一つに「光刺激」がある。東京頭痛クリニック(東京・渋谷)の丹羽潔理事長は、光の色によって痛みや不快感に違いがあることを今年の日本頭痛学会総会で発表した。診察内での照明を白、灰色、緑、青、赤色に切り替えて、頭痛持ちだという男女707人を対象に症状を観察した。

 白くまぶしい照明の光では頭痛が悪化する傾向にあった。また、片頭痛の患者では、発症中であってもなくても、緑色の光だと不快感や症状が抑えられることがわかった。「普段から視界に入るように、観葉植物などの緑色のインテリアを置くのも良いだろう」と丹羽理事長は助言する。

(ライター 結城 未来)

[日経プラスワン2016年10月29日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.