日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > がん早期発見、負担軽く 血中アミノ酸濃度や線虫でも
印刷

トピックス from 日経電子版

がん早期発見、負担軽く 血中アミノ酸濃度や線虫でも

検診の有用性、周知が課題

 日本経済新聞電子版

がんの治療には早期発見が欠かせない。最近は血液内のアミノ酸の違いから、ごく早い段階に「がんのリスクあり」と把握し、治療や生活に生かす検査が定着。尿のにおいで「虫」ががんを見分ける研究も進む。国内ではがん検診の受診率がそもそも欧米に比べて低い。身体の負担を減らすなどの改善に加え、周知を図って足を運んでもらう必要がありそうだ。

 年間1万2千人ががん検診を受ける東京都千代田区の三井記念病院総合健診センター。都内在住の70代男性は今年2月、「アミノインデックス」という検査で「胃がんの疑いが高い」と結果が出た。胃カメラによる精密検査の末、ごく初期のがんと判明。手術で腫瘍を摘出、完治したという。

リスク3段階評価

 この検査は味の素が4年前に始め、現在は約1千カ所の医療機関が導入している。同社が長年取り組むアミノ酸研究に基づく知見を応用。胃、肺、大腸など7種のがんについて、血中のアミノ酸濃度の違いからがんのリスクをA(リスク小)、B(中)、C(大)の3段階で評価する。

採血でがんのリスクを調べる(東京都千代田区の三井記念病院総合健診センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 健康保険の適用外で、患者は約2万円ほどの費用を負担し、まず病院などで採血。血液は専門機関で分析され、1~2週間で担当医から結果の説明を受ける。

 C(リスク大)と判定されても、がん確定ではない。例えば肺がんが疑われれば、さらにコンピューター断層撮影装置(CT)検査で調べて結論を出す。検査を手掛ける三井記念病院の山門実特任顧問は「がんの疑いの高い人をあぶり出すもの。リスクが高いと出た人は(飲酒や喫煙など)生活習慣を見直すきっかけにもなる」と指摘する。

 がん検診は肺がんや乳がんであればX線撮影、胃がんであればバリウム検査など多岐にわたる。腫瘍マーカーと呼ばれる血液内の特定の物質を調べる検査もあるが、「進行が進んだステージ3、4で見つかるケースが多く、早期段階は発見しづらい」(山門氏)。

 身体への負担が大きいものも。高齢男性に多い前立腺がんは腫瘍マーカー「PSA」で比較的早期の発見も可能だが、確定診断に「前立腺針生検」が必要だ。

 これは麻酔後に前立腺に向け十数回も針を刺す形での精密検査で、出血だけでなく、炎症などの合併症が起きることもある。PSAで「グレー」判定の人が実際にがんと診断されるのは2割ほど。他のがんに比べ進行が遅い前立腺がんは、米国では見つかっても経過観察とすることが多く、PSAは推奨されていない。

 こうした検診時の負担を大幅に削減するユニークな手法として、実験に使われる「線虫」が注目されている。九州大学の研究グループは今年3月、線虫に尿の匂いを嗅がせることで、がんの有無を判別できる技術を開発したと米科学誌に発表した。

[画像のクリックで拡大表示]
次ページ
1滴垂らすだけ

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.