日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 風疹患者拡大中 30~50代男性、高い感染リスク
印刷

トピックス from 日経電子版

風疹患者拡大中 30~50代男性、高い感染リスク

妊婦への影響深刻/ワクチン、抗体検査を受けて

 日本経済新聞電子版

風疹の感染が拡大している。患者の大半は働き盛り世代の男性だ。妊婦が感染すると、胎児に深刻な障害を引き起こすリスクがある。確実な予防法はワクチンのみ。抗体検査も活用して、発症を防ごう。

写真はイメージ=(c)liza5450-123RF

 今年発症した風疹患者は10月21日時点で1486人(国立感染症研究所調べ)。昨年1年間(93人)の約16倍となり、増加は1万4344人が発症した2013年以来の勢いだ。

 風疹とは発熱やリンパ節の腫れなどを伴うウイルス性の発疹症。通常は1週間以内に治るが、「成人がかかると重症化しやすく、入院するほどの高熱が出ることもある」と順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学の堀賢教授は話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 今年発症した患者の96%が成人。8割以上が男性で、中心は30~50代だ。大人から大人へ感染が広がっており、職場や地域、家庭で妊婦や妊娠可能な女性に風疹がうつるケースが最も危惧されている。

 妊娠20週までの妊婦が風疹ウイルスに感染、胎児にも感染すると目や耳、心臓に深刻な障害を起こす「先天性風疹症候群」となることがある。妊娠初期ほどリスクは高く、母親が感染した場合、妊娠1カ月で50%以上、2カ月で35%、3カ月で18%の胎児に影響が出るとの報告がある。

 風疹はインフルエンザと同じく、せきやくしゃみ、会話などでうつる(飛沫感染)。症状が出る1週間前から他の人にうつり始め、免疫がない人の集団だと、1人の患者からの二次感染の平均は、インフルエンザの1~2に対して風疹は6~7という。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.