日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 睡眠不足がメタボ招く 寝だめ逆効果、リズムが大切
印刷

トピックス from 日経電子版

睡眠不足がメタボ招く 寝だめ逆効果、リズムが大切

1日7時間目安に 食事も規則正しく

 日本経済新聞電子版

秋の夜長は、ついつい夜更かしして睡眠不足になりがちだ。続けば脳や体に疲れがたまるし、ホルモンや自律神経が影響を受け、生活習慣病やメタボリックシンドロームの大敵である肥満を招くこともある。睡眠不足からくる生活リズムの乱れやメタボを防ぐにはどうすればよいか。対策を探ってみた。

 そもそも日本人はどれぐらい睡眠を取っているのか。総務省の2011年社会生活基本調査によると1日平均7時間42分。最も短い45~49歳も7時間3分とっている。

 もちろん、忙しくてそんなに寝ていられないという人は多いだろう。睡眠には個人差があり、必ずしも何時間寝ないといけないというわけでもない。とはいえ、「毎日一定の時間帯で7時間前後寝るのが理想」(睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一理事長)だ。

肥満や糖尿病に

 睡眠時間が短くなると「心臓や血管の病気、メタボなどになりやすい」と指摘するのは大分大学医学部公衆衛生・疫学講座の兼板佳孝教授。地域や職場の健診データを分析した調査で、睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上の人に比べて血糖値が高く、肥満になりやすいことが分かった。

 なぜ睡眠不足が肥満や糖尿病につながるのか。カギはホルモンだ。「睡眠不足が続くと、食欲を高めるグレリンが胃から多く出る一方、食欲を抑えるレプチンは減少する」(井上理事長)。その結果、過食に走りやすくなるという。

 また、血糖値を下げるインスリンがうまく働かなかったり、副腎皮質から出て血糖値を上げるコルチゾールが増えたりする。すると血糖値が高い状態が続き、糖尿病になりやすくなる。

 さらに自律神経、とりわけ血圧を上げる方向に働く交感神経の働きが強くなる。その結果、高血圧を招くこともある。

[画像のクリックで拡大表示]
次ページ
日中に軽い運動

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.