日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > ペットボトルで体幹トレーニング 胴体鍛え代謝アップ
印刷

トピックス from 日経電子版

ペットボトルで体幹トレーニング 胴体鍛え代謝アップ

 日本経済新聞電子版

電車内でぐらついたり、太りやすくなったり――。最近、こう感じるようになった人は、体幹が弱っているかもしれない。運動しやすい秋に、ペットボトルを使ったトレーニングで効果的に体を鍛えよう。

モデルは早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師・渡辺久美
[画像のクリックで拡大表示]

 体幹という言葉をよく聞くが、実際に体のどの部分を指すのか分かるだろうか。腹部にある筋肉(多裂筋・横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群など)を中心にした背中と腰回りを含めた胴体を指す。姿勢を保ち体を動かす要であり、ぶれていると腕や脚の動きの安定性を欠くことになる。

 日々の暮らしの中で体幹の変化は気付きにくい。体幹が弱ってくると動作や背骨の安定性を欠き、階段を上り下りする際に足元がぐらつく。無駄な動きが増えて疲れやすくなる。また、体幹にある腹部の筋肉は燃焼力の高いタイプの比率が高いので、ここの筋力が低下すると代謝も落ちて太りやすくなる。過ごしやすい秋こそ体幹を見直し、冬に備えて鍛えていこう。

 まずは2リットル容量のペットボトルの空き容器を用意し、水を半分程度入れる。ペットボトルを動かすことで水が動く。不規則な水の動きに振られないように体がコントロールするようになるため効率的な運動になる。

 最初は体の安定力を高めるため、立った状態で胴体を大きく使う運動を紹介。(1)横振り運動から始めよう。腰幅程度に脚を開いて立ち、ペットボトルを体の前に持つ。両脚をできるだけ安定させた状態でペットボトルを左右に振る。肩の力を抜いて行うのがポイントだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、(2)斜め引き寄せ運動。肩幅より大きく脚を開いて立って斜め上にペットボトルを上げる。上げた方向と反対側の脚を引き寄せてもとに戻す。左右交互、10回程度繰り返す。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.