日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 耳の老化は30代から始まる 自覚難しく不安なら受診

トピックス from 日経電子版

耳の老化は30代から始まる 自覚難しく不安なら受診

子音、高い音が聞き取りにくく/不安なら耳鼻科へ

 日本経済新聞電子版

「聞こえ」の悪さは、高齢者特有だと思いがち。実際は、働き盛りの世代から聴力は老化し始めている。進行すると対人関係などに不都合が生じ、仕事や生活に影響が出る。聴力の変化にうまく対処しよう。

写真はイメージ=(c)Alexander Raths-123RF

 聴力の衰えは50~60代で気付くケースが多いが、実は30代から始まっている。慶応義塾大学医学部(東京・新宿)耳鼻咽喉科の小川郁教授は「聞こえにくいと自覚するのは難しく、生活に支障が出て初めて分かるケースが多い」と指摘する。

 同じく加齢で起こる老眼と比べると、聞こえの悩みを共有したり、対策を講じたりする例は少なく、困っている人は潜在的に多いという。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.