日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > シニアに広がるドライアイ スマホが影響、不眠の恐れ  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

シニアに広がるドライアイ スマホが影響、不眠の恐れ

 日本経済新聞電子版

 日常生活でパソコンやスマホの画面を見る時間を減らせないなか、日本眼科医会は「目を休ませるため、20分ごとに20秒間遠くを見る」といった方法を提案する。目を大きく開くと涙が乾きやすくなるため、あまり開く必要がないよう、画面の位置を低くするなどの対応も有効という。

 目の周囲にあり、油分を分泌する脂腺の働きを改善させることも効果的。油分はまばたきによって涙の表面に広がり、蒸発を防ぐ役割を持つ。脂腺の出口が詰まれば、油分が出にくくなるため、平松氏は「蒸しタオルなどで目の周りを温めて、詰まりを和らげることがお勧め」と話す。

 市販の目薬では、人工涙液などの防腐剤を含まないタイプが活用できるという。石岡院長は「頻繁に使うと、涙が押し流されたりして、涙の層を乱したりするため逆効果。1週間ほど使って改善しない場合、眼科を受診してほしい」と呼びかける。

◇     ◇     ◇

目の健康、睡眠や運動で維持

 涙の状態が悪化すると、視力の低下にもつながりかねない。涙の役割は多岐にわたっており、専門家は「重要性を認識することが、涙の健康を維持する第一歩」と指摘する。

 涙は目の表面を覆うことで、ごみなどの異物が入らないように守る役割を果たしている。仮に入った場合でも、涙が洗い流す。きれいな画像で見えるよう、目の表面を滑らかにして、視力の質を上げる機能もある。

 京都府立医大の横井則彦・病院教授は「涙には様々な成分が含まれることも知ってほしいポイント」と話す。例えばビタミンや酵素は紫外線対策となっており、タンパク質は細菌感染を防いでいる。

 「涙を守ることは目だけでなく、全身の健康を保つ秘訣」と横井・病院教授。涙の分泌と質の向上のため、「十分な睡眠や適度な運動を心がけることが欠かせない」という。

(ライター 南雲つぐみ)

[日本経済新聞夕刊2021年9月8日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.