日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 「夏太り」はストレッチで解消 秋は自宅で体リセット
印刷

トピックス from 日経電子版

「夏太り」はストレッチで解消 秋は自宅で体リセット

 日本経済新聞電子版

夏の猛暑で疲労が重なり、運動不足になって「夏太り」した人も多いだろう。季節の変わり目は身体のリセットの好機。秋を迎えた今こそ、自宅で手軽にできる運動で、しっかり再生させたい。

モデルは早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師・渡辺久美

 汗を多くかくため夏はやせるイメージがあるが、実は太る人の方が多い。冷房などで自律神経が乱れ、基礎代謝が低下した結果、太ってしまう。夏バテ解消と称し、動いていないのにハイカロリー食を取り過ぎ太るケースもある。

 夏季休暇に体重が増加した後、太ったままの状態が続く事例が海外で報告されている。暑さが一段落するこの時期の過ごし方が重要。軽い運動や全身を刺激するストレッチで身体を活性化させ、夏太りの解消につなげる。

 自宅で気軽にできる運動で、基本的な運動量はしっかり確保したい。効果的なのが複数の運動を行うサーキット方式だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、身体を温めるため、(1)段差昇降(5~8センチ程度)を軽く30秒程度。身体がほぐれたところで、(2)上体ひねりに移る。両脚を大きくひらいて立ち、両腕を水平に横に伸ばす。左手で右足にタッチして元の姿勢に戻る。左右合わせて10回程度。こうして体幹を刺激することで基礎代謝が高まる。

 続いて、(3)肘・膝合わせ。脚を腰幅程度に開き肘を曲げて立つ。左肘で右膝にタッチして元に戻る。左右10回程度繰り返し腹部の筋肉を刺激する。リズミカルに行うことで有酸素運動の効果が高まり糖質や脂肪の消費が進む。

 最後は、(4)背面・足タッチ。右手と左足、左手と右足を背面でタッチする。全身を動かしたことになる。

 無理なく継続的に挑戦していく上で、運動時間は合計2分をメドにしよう。体調に合わせて、(1)と、(2)~(4)のいずれか1つを選択し計2つの運動でもよい。慣れてきたら(1)~(4)を一通り2分を目標に行う。物足りなくなれば2~3セット繰り返してもいい。血流と代謝が高まれば、太った体を戻すことにつながる。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.