日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 医療被曝 低減に挑む
印刷

トピックス from 日経電子版

医療被曝 低減に挑む

同じ検査、病院で放射線量に差 指針が目安に・機器も向上

 日本経済新聞電子版

医療機関でのエックス線やコンピューター断層撮影装置(CT)で放射線を浴びる「医療被曝(ひばく)」への関心が高まってきた。健康への影響ははっきりしないが、少しでもリスクを減らそうと関連学会がこのほど放射線量の指針を策定。個々の医療機関でも治療や検査時の放射線量を低減しようとする取り組みを始めている。

8分の1程度に

杏林大付属病院が導入したカテーテル治療装置(東京都三鷹市)
[画像のクリックで拡大表示]

 杏林大医学部付属病院(東京都三鷹市)は8月、最新型のカテーテル治療用の機器を導入した。カテーテルと呼ばれる治療用の細い管を体内に挿入する際、エックス線で体内を透視するが、これまで使っていた装置に比べエックス線による被曝を8分の1程度に減らせるという。

 カテーテルの位置を確認するためにエックス線を随時照射するが、新型は位置確認に磁気を併用し、照射回数を大幅に減らした。不整脈の治療に有効なことを示し、今後脳卒中などに適用できるとみる。同病院の似鳥俊明教授は「カテーテル治療はCT検査より患者が浴びる放射線量は多い。低減できる利点は大きい」と強調する。

 同病院によると、CT検査で浴びる被曝量が0.01グレイ(放射線の吸収量を示す単位)程度なのに対し、カテーテル治療で皮膚が被曝する量は数グレイ。3~5グレイでは一過性の脱毛や皮膚が赤くなる副作用があり、5グレイ以上ではびらんの可能性もある。同病院では現在は2グレイを目安としている。

 国立がん研究センター中央病院(東京・中央)では、医師と放射線技師、看護師らがミーティングし、手術や検査時の放射線量削減を話し合う。線量を低くすれば鮮明な画像が得にくくなるが、診断や治療に支障のない画像が得られるギリギリの線を探る。

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)などは、心筋梗塞に発展するリスクを磁気共鳴画像装置(MRI)で検出する手法を開発した。CTからMRIに切り替え、放射線のリスクをなくす。

 医療被曝の問題は、CTなどが普及した2000年代以降指摘されてきた。ただ確実な診断とのバランスもあり、医療機関の間でも低減に対する取り組みには温度差がある。専門家によると、同じCTの検査を受けても、医療機関によって浴びる放射線量が数倍以上異なることもある。

具体的な数値示す

 個々の医療機関にとどまらず、複数の組織や学会が放射線量を適切に管理したり、基準をつくったりする動きも出始めた。

 放射線医学総合研究所(放医研)や日本原子力研究開発機構などは今年1月、CTやレントゲン撮影などでどのくらいの放射線を受けたかを測るシステムの運用を始めた。撮影装置からデータを取り込み、病院や診療科の枠を超えて放射線量を測る仕組み。現在15施設が参加する。

 「日本人のCT被曝は世界的にも高いと考えられている。実際の医療現場の状況を確実に把握する仕組みをつくりたい」(放医研の奥田保男室長)

 日本医学放射線学会など12団体は6月、検査時の放射線量の基準を公表した。「成人が頭部をCTで検査するときの参考レベルは85ミリグレイ」など具体的に示した。とりまとめにあたった放医研放射線防護研究センターの神田玲子規制科学研究プログラムサブリーダーは「合理的に放射線量を低くする値を示した」と強調。各医療機関が参考にし、低線量化につながることを期待する。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.