日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス from 日経電子版  > トランス脂肪酸、若い女性ご注意!!
印刷

トピックス from 日経電子版

トランス脂肪酸、若い女性ご注意!!

心筋梗塞などリスク 米で原則禁止に

 日本経済新聞電子版

米食品医薬品局(FDA)は今年6月に「トランス脂肪酸」の食品への添加を2018年6月以降は原則認めない方針を打ち出した。トランス脂肪酸はスナック菓子やマーガリンに多く含まれ、心筋梗塞や虚血性心疾患などのリスクを高めるとされる。トランス脂肪酸はどの程度含まれ、日本人の摂取量はどのくらいなのか。気をつけなくてはならない点は何だろうか。

 トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸と呼ぶ脂質の一種だ。トランス脂肪酸を取り過ぎると、悪玉コレステロールが増える一方で善玉コレステロールが減り、動脈硬化につながるといわれている。米国の調査では、食事で摂取したエネルギー量に占めるトランス脂肪酸の割合が2.8%に達する人は、1.3%の人に比べて心筋梗塞のリスクが1.3倍に高まるという。冠動脈疾患や虚血性心疾患などのリスクも高まるとされる。

 ひとくちにトランス脂肪酸といっても、種類がいくつかある。動物由来のタイプは牛などの胃の中ででき、乳や肉に少量含まれる。

[画像のクリックで拡大表示]

 工業由来はドレッシングなどの植物油の脱臭処理工程で生じるタイプと、マーガリンなどの製造時に水素を加えて植物油を固まりやすくする際にできるタイプに大別できる。水素を加えるのは硬化油と呼ばれ、「FDAが原則禁止したのはこのタイプだ」と国立健康・栄養研究所の石見佳子食品保健機能研究部長は話す。

 米国はこれまでもトランス脂肪酸に対する規制を実施してきた。米連邦政府は06年1月から加工食品の栄養表示について、トランス脂肪酸の含有量表示を義務化。ニューヨーク市などはレストランなどの食品で上限値の規制を制定した。今回の方針はさらに踏み込んだ格好だが、全面的に使用禁止になるわけではない。

 トランス脂肪酸が含まれる食品の代表例が、マーガリンやショートニングと、それらを使う菓子パンやピザ、ケーキなどだ。日本では農林水産省が07年度に調査を実施。100グラムの食品が含むトランス脂肪酸はハヤシライスのルウが0.51~4.6グラム、クロワッサンが0.29~3.0グラムと多かった。厚生労働省の08年度の調査では、ピザは100グラム当たりに換算すると平均0.357グラム、ハンバーガーは同0.319グラムのトランス脂肪酸を含んでいた。

[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、日本人全体でみると、トランス脂肪酸の摂取量は多くない。05~07年度に食品安全委員会と農水省がそれぞれ算出した推計では、平均摂取量は1日あたり0.7~0.962グラム。総エネルギー摂取量に占める比率は0.3~0.47%だった。

 世界保健機関(WHO)が勧告する数値は1%未満なので、その範囲内にある。米国は1.9~2.0%(03~04年)、英国は1.0%(07~08年)なので、それと比べても低い水準だ。厚労省の「日本人の食事摂取基準」の今年度版では「日本人の摂取量で疾病罹患(りかん)のリスクになるかどうかは明らかでない」と記している。

 しかし、食事をバランスよく取らないと摂取量が増える恐れもある。石見研究部長は「特に若い女性などは過剰摂取に注意してほしい」と指摘する。女子栄養大学が05~06年に20歳前後の女性25人に7日間の食事内容を記録してもらい、トランス脂肪酸の摂取量を算出した。1日分の食事で取る量は平均で1.17グラムだったが、このうちの3人は約3グラムを摂取し、WHOの基準を超えていた。いずれもトランス脂肪酸を多く含むフライドポテトや菓子パンなどを頻繁に食べていた。

 東京大学が30歳以上の225人を対象に02~03年に実施した調査では男性の5.7%、女性の24.4%がWHO基準を超えていた。特に都市部に住む30~49歳の女性が多かったという。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.