日経グッデイ

トピックス from 日経電子版

ダニ感染症、野山歩きに注意 北海道で初の死亡例

発熱・頭痛、放置せず病院へ

 日本経済新聞電子版

ダニによる感染症が問題になっている。8月、北海道でダニにかまれて「ダニ媒介脳炎」を発症した男性が死亡した。この感染症が国内で確認されたのは23年ぶりで、死亡は初めてだという。専門家は「今後も患者が出る可能性はある」と注意を促す。国内では2013年からマダニがうつす重症熱性血小板減少症候群(SFTS)による死亡者が相次いでいる。ジカ熱やデング熱など蚊の運ぶ感染症に注目が集まるが、外にいるダニにも警戒したい。

(©Lisa Riedl -123rf)

 8月に死亡したのは40代の男性で、7月中旬に北海道内の草やぶでマダニにかまれたとみられる。発熱や意識障害の症状が出て、札幌市内の病院に入院。治療を受けていたが8月13日に死亡した。ダニ媒介脳炎だった。北海道では1993年に患者が出ており、国内2例目となった。

 ダニ媒介脳炎はジカウイルスなどと同じ「フラビウイルス」と呼ぶ種類が病原体となる。ウイルスはダニがかんだ患者にとどまり、人から人へは感染しない。潜伏期間は7~14日で、発熱や筋肉痛、頭痛などの症状が出る。

 重症化すると昏睡(こんすい)やマヒなどの脳炎症状が出て、死亡する場合もある。回復しても後遺症が出やすい。致死率は1~3割程度とされる。

[画像のクリックで拡大表示]

 診断は、ウイルスの遺伝子や感染で体内にできる特有のたんぱく質を調べる。

 ウイルスは通常、ダニと野ネズミなど野生動物の間を行き来している。ダニはシカやイノシシにくっついて移動している。道内の野ネズミ、馬、犬を対象にダニ媒介脳炎ウイルスの抗体を調べたところ、道央から道南にかけて反応が出た。北海道大学の好井健太朗准教授は「見過ごしている感染者がいる可能性がある」と指摘する。

 ダニは春から秋に盛んに動き回る。人をかむとはいうが、実際は口を突き刺して血を吸う。刺したときに痛みを和らげる物質を出すため、かまれた人のほとんどは気づかないという。

 牧草地や森林のほか、民家の裏庭や畑、あぜ道などにも生息する。体長は3~8ミリ程度で、血を吸うと1~2センチメートル程度に膨らむ。「新しいおできができた」と家族に指摘されて気付いた人もいるという。

 家のカーペットやベッドにいるダニとは種類が異なる。家にいるダニは体長0.3~0.4ミリ程度。ダニの死体やふんがアレルギーの原因になるが、人をかんで深刻な病気をうつす例は知られていない。

 ダニ媒介脳炎は欧州やロシアで流行しており、毎年1万人前後が発症している。流行国では、林業に携わるなど感染リスクの高い人を対象にワクチンが接種されているが、日本では承認されていない。有効な治療法もない。

 身を守るにはマダニにかまれないようにすることが大切だ。ダニはいったん体についた後、柔らかい場所に移動して血を吸う。首や耳が多く、胸や腹、上腕、頭、顔もかまれる。

 仕事やハイキングで山林に入る際は長袖や長ズボンを着用し、肌の露出を少なくするよう心がける。首にはタオルを巻くかハイネックのシャツを着る。シャツの裾はズボンの中にいれ、ズボンの裾は長靴の中にいれるか、靴下をかぶせる。

 服に塗布して使う忌避剤も市販されている。国立感染症研究所によると、DEET(ディート)やイカリジンという成分がダニを遠ざけることが確認された。ただ、過信しないほうがよいという。

◇     ◇

 ダニが服に付き、気付かず家に持ち込んでしまう場合もある。上着や作業着は家に持ち込まないようにするか、ダニが付いていないかどうかを確かめる。ダニが見つかったら、粘着テープで取る。ダニを落とすために入浴したりシャワーを浴びたりするのもいい。

 ダニは蚊と異なり、体に数日から数週間とどまって血を吸い続ける。吸血し始めたときは簡単にとれるが、ダニが頭を固定してしまってから無理にとると、頭の部分だけがちぎれて残ってしまう。「化膿(かのう)などの原因になるので、医療機関を受診した方がよい」(感染研の沢辺京子部長)と注意を促す。

 ダニの感染症は、日本ではなじみが薄い。発熱などの症状を放置すれば、手遅れになってしまう。すぐに近くの医療機関を受診しよう。ダニがいそうな草やぶを歩いた後に症状が出たら、ダニ媒介脳炎の可能性を医師に相談してもよいだろう。医師の経験にも差があり、ほかの病気と見間違ってしまう例もある。医療機関側の備えも重要になる。

抗インフル薬で臨床研究

 ダニ媒介脳炎のウイルスが確認されているのは北海道だけだが、ほかのダニが運ぶ感染症は本州でも患者が出ている。

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、西日本を中心にこれまで約200人の患者の報告があり、このうち約2割の人が死亡している。感染してから1~2週間後に発熱や腹痛、下痢が起こり、重症化すると意識障害や皮下出血などの出血症状を起こす。

 マダニの活動が活発になる5~8月に感染の報告が多い。患者は西日本が中心だが、SFTSウイルスを持ったマダニは患者の出ていない北海道や宮城、群馬などでも確認されており、注意が必要だ。有効な治療法やワクチンはないが、国立感染症研究所や愛媛大学など全国約30の医療機関は6月から抗インフルエンザ薬を使った臨床研究を始めた。

 感染研のチームがマウスを使った実験で効果を確かめており、ヒトでの安全性や有効性を確かめる。愛媛大の安川正貴教授は「診断が遅れ、重症化しているケースもある。最寄りの医療機関を早めに受診してほしい」と訴える。

  日本紅斑熱やライム病、ツツガムシ病もダニによる感染症だ。日本紅斑熱とライム病はマダニ、ツツガムシ病はツツガムシの幼虫が病原体である細菌を運ぶ。紅斑や発熱、頭痛、発疹などの症状が出る。細菌による感染症なので、抗菌剤などで治療できる。

(藤井寛子)

[日本経済新聞朝刊2016年9月4日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。