日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > ダニ感染症、野山歩きに注意 北海道で初の死亡例  > 2ページ
印刷

トピックス from 日経電子版

ダニ感染症、野山歩きに注意 北海道で初の死亡例

発熱・頭痛、放置せず病院へ

 日本経済新聞電子版

 ダニ媒介脳炎は欧州やロシアで流行しており、毎年1万人前後が発症している。流行国では、林業に携わるなど感染リスクの高い人を対象にワクチンが接種されているが、日本では承認されていない。有効な治療法もない。

 身を守るにはマダニにかまれないようにすることが大切だ。ダニはいったん体についた後、柔らかい場所に移動して血を吸う。首や耳が多く、胸や腹、上腕、頭、顔もかまれる。

 仕事やハイキングで山林に入る際は長袖や長ズボンを着用し、肌の露出を少なくするよう心がける。首にはタオルを巻くかハイネックのシャツを着る。シャツの裾はズボンの中にいれ、ズボンの裾は長靴の中にいれるか、靴下をかぶせる。

 服に塗布して使う忌避剤も市販されている。国立感染症研究所によると、DEET(ディート)やイカリジンという成分がダニを遠ざけることが確認された。ただ、過信しないほうがよいという。

◇     ◇

 ダニが服に付き、気付かず家に持ち込んでしまう場合もある。上着や作業着は家に持ち込まないようにするか、ダニが付いていないかどうかを確かめる。ダニが見つかったら、粘着テープで取る。ダニを落とすために入浴したりシャワーを浴びたりするのもいい。

 ダニは蚊と異なり、体に数日から数週間とどまって血を吸い続ける。吸血し始めたときは簡単にとれるが、ダニが頭を固定してしまってから無理にとると、頭の部分だけがちぎれて残ってしまう。「化膿(かのう)などの原因になるので、医療機関を受診した方がよい」(感染研の沢辺京子部長)と注意を促す。

 ダニの感染症は、日本ではなじみが薄い。発熱などの症状を放置すれば、手遅れになってしまう。すぐに近くの医療機関を受診しよう。ダニがいそうな草やぶを歩いた後に症状が出たら、ダニ媒介脳炎の可能性を医師に相談してもよいだろう。医師の経験にも差があり、ほかの病気と見間違ってしまう例もある。医療機関側の備えも重要になる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.