日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > ダニ感染症、野山歩きに注意 北海道で初の死亡例  > 2ページ
印刷

トピックス from 日経電子版

ダニ感染症、野山歩きに注意 北海道で初の死亡例

発熱・頭痛、放置せず病院へ

 日本経済新聞電子版

 ダニ媒介脳炎は欧州やロシアで流行しており、毎年1万人前後が発症している。流行国では、林業に携わるなど感染リスクの高い人を対象にワクチンが接種されているが、日本では承認されていない。有効な治療法もない。

 身を守るにはマダニにかまれないようにすることが大切だ。ダニはいったん体についた後、柔らかい場所に移動して血を吸う。首や耳が多く、胸や腹、上腕、頭、顔もかまれる。

 仕事やハイキングで山林に入る際は長袖や長ズボンを着用し、肌の露出を少なくするよう心がける。首にはタオルを巻くかハイネックのシャツを着る。シャツの裾はズボンの中にいれ、ズボンの裾は長靴の中にいれるか、靴下をかぶせる。

 服に塗布して使う忌避剤も市販されている。国立感染症研究所によると、DEET(ディート)やイカリジンという成分がダニを遠ざけることが確認された。ただ、過信しないほうがよいという。

◇     ◇

 ダニが服に付き、気付かず家に持ち込んでしまう場合もある。上着や作業着は家に持ち込まないようにするか、ダニが付いていないかどうかを確かめる。ダニが見つかったら、粘着テープで取る。ダニを落とすために入浴したりシャワーを浴びたりするのもいい。

 ダニは蚊と異なり、体に数日から数週間とどまって血を吸い続ける。吸血し始めたときは簡単にとれるが、ダニが頭を固定してしまってから無理にとると、頭の部分だけがちぎれて残ってしまう。「化膿(かのう)などの原因になるので、医療機関を受診した方がよい」(感染研の沢辺京子部長)と注意を促す。

 ダニの感染症は、日本ではなじみが薄い。発熱などの症状を放置すれば、手遅れになってしまう。すぐに近くの医療機関を受診しよう。ダニがいそうな草やぶを歩いた後に症状が出たら、ダニ媒介脳炎の可能性を医師に相談してもよいだろう。医師の経験にも差があり、ほかの病気と見間違ってしまう例もある。医療機関側の備えも重要になる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.