日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 味覚の秋はアレルギー注意 花粉症の人、果物で症状も
印刷

トピックス from 日経電子版

味覚の秋はアレルギー注意 花粉症の人、果物で症状も

 日本経済新聞電子版

秋は果物がおいしい季節。ところが果物で口腔(こうくう)にアレルギー症状を起こす場合がある。実は花粉症患者に多い症状で、アレルギーを起こす花粉と果物には密接な関連がある。前もって把握しておき予防したい。

写真はイメージ=(c)Volodymyr Melnyk-123RF
写真はイメージ=(c)Volodymyr Melnyk-123RF

 果物を食べた際に、口の中やくちびる、のどなどの口腔粘膜にイガイガしたかゆみや痛み、腫れが生じる果物アレルギー。「OAS(口腔アレルギー症候群)」と呼ばれるもので、こうした症状を起こす人が増えている。

 ナシやブドウなどおいしい果物が出まわる秋を迎え、花粉症の人は気を付ける必要がある。

 「果物アレルギーの患者の約8割が花粉症との調査結果がある」と話すのは横浜市立大学医学部皮膚科学教室准教授の猪又直子氏だ。果物アレルギーが先に発症し調べると花粉症だったというケースもあるが、花粉症を発症してから数年後に果物でアレルギー症状を起こすようになる例が多い。

 果物アレルギーの症状を引き起こす果物には、花粉症を引き起こす花粉のアレルゲン(アレルギーを起こす原因となるたんぱく質)と構造が似た物質が存在する。花粉症患者がこうした果物を食べた際に、体の免疫機能が花粉のアレルゲンと類似のものと認識し、アレルギー症状を起こすと推測されている。

 どんな花粉のアレルゲンに反応するかによって、症状を起こす果物も異なる。例えば、ハンノキやシラカバの花粉症だと、リンゴやナシ、モモ、サクランボといったバラ科の果物で症状を起こしやすい。

 OASは、野菜や木の実、豆類でも発症し、おのおの関連する花粉が存在する。国内で患者が多いスギやヒノキの花粉症では、果物アレルギーを起こすことは少ないものの、トマトとの関連が示唆されている。これからの季節に花粉が多く飛散するブタクサやヨモギの花粉症の場合は、メロンやバナナ、キウイでOASを起こしやすい。果物や野菜の場合は通常、加熱すると症状が出ない

 「花粉症の発症が低年齢化しているため、果物アレルギーを起こす子どもも増えている」と話すのは、ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック院長の永倉仁史氏だ。子どもが果物を嫌がる場合、こうしたアレルギー症状が出ている可能性があるため「保護者は子どもの口の中を確認したほうがよい」という。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.