日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 急なズキズキ、盲腸かも 早期発見なら手術いらず
印刷

トピックス from 日経電子版

急なズキズキ、盲腸かも 早期発見なら手術いらず

体力低下する夏場は注意/食生活 気をつけて

 日本経済新聞電子版

「盲腸」の呼び名で知られる虫垂炎。幅広い年代で見られる身近な病気だが、実は10代前半を中心に子供に多い。夏休みの終盤にかけて発症が増える傾向もあるという。症状の特徴や対処法を知っておこう。

写真はイメージ=(c)Elizabeth Crego-123RF

 虫垂は盲腸の先端から突き出た直径4~5ミリ、長さ5~7センチほどの細長い管状の組織。虫垂炎とは、虫垂が細菌感染を起こし、中が詰まってしまった状態を指す。

 東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)総合診療・急病センターの島田長人教授によると「約15人に1人がなるといわれるほど身近な病気。男性のほうが多い」。小学校高学年から中学生の発症が多く、国内の1万人当たりの虫垂切除数(年平均、日本小児救急医学会)をみると、10~14歳の男性で13.2人、女性で8.5人。これは50代の発症と比べ約3倍と、他の年齢層より突出している。

 夏に増えるという報告もある。聖マリアンナ医科大学小児外科の川瀬弘一病院教授は「夏休みが終わる頃に、救急搬送される例が多い。夏の疲れによる体力低下が一因になっているかも」と指摘する。

 虫垂炎になると急な腹痛に襲われる。みぞおちやへその周りがズキズキと痛み出し、続いて食欲不振や吐き気、嘔吐(おうと)が起こる。数時間から半日ほどで、痛みは腹部の右下に移るのが典型的な症状だ。

 心当たりがあれば、単なる腹痛と思い込んで我慢せず、すぐに受診しよう。手でおなかを押して離すときに激痛が走る、37~38度の発熱を伴うといった特徴もある。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.