日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > もしかしてスマホ依存? 手放せない自覚あれば受診を
印刷

トピックス from 日経電子版

もしかしてスマホ依存? 手放せない自覚あれば受診を

目立つ睡眠障害

 日本経済新聞電子版

ポケモンGOが日本列島を席巻中だが、それ以前から、片時もスマートフォン(スマホ)を手離せず、インターネット(ネット)につながっていたい人が増えている。個人情報の流出やいじめ、浪費以外に、健康に直結するのが「依存」という問題だ。病的な状態の「依存症」に至ると医療の手助けが必要になる。

スマホ依存の患者は、大学生以下から、20代後半、40代へと広がっている。(©Shao-Chun Wang-123RF)

 「治療が必要だよ。このままでは学校にも行けなくなるよ」。クリニックで医師に告げられたある中学生は一瞬ビクついた。スマホを片時も離せず睡眠不足に陥ったため、母親がクリニックに連れてきたのだ。

 東京成徳大学の田村節子教授が作成、東京都のこどものネット・ケータイのトラブル相談!こたエールで使用する「睡眠&生活チェックシート」(下図参照)を記入させたところ昼夜が逆転。本人も自覚し、夜眠れるよう薬を使うなどで徐々に生活が改まっていった。

[画像のクリックで拡大表示]

 全国に先駆け2011年から「ネット依存治療」を始めている病院もある。久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)では専門的な治療に取り組む。患者は中高生を中心に大半が大学生以下だが、20代後半から40代へと広がっているという。スマホでオンラインゲームや動画鑑賞などにのめり込んでいる人が多い。

 アルコールや薬物のような物質への依存も、ネットのように特定の行動嗜癖でも本質は同じ。脳内の「報酬系」という神経回路にスイッチが入り、欲求が満たされると「気持ちがいい」と感じるドーパミンという物質が流れるようになる。その行動をせずにはいられなくなり深みにはまる。ギャンブルや買い物への依存も同じだ。

次ページ
食事乱れメタボ

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.