日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 夏は注意、尿路結石いつもの2倍 就寝前トイレも対策  > 2ページ

トピックス from 日経電子版

夏は注意、尿路結石いつもの2倍 就寝前トイレも対策

 日本経済新聞電子版

 生活習慣の乱れも尿路結石につながる。荒川氏によると「生活スタイルや運動量など様々な要因が複合的に関わっている」という。さらに、尿路結石がある人は「高血圧、糖尿病、脂質異常症などを合併しやすい」(荒川氏)傾向もある。

 尿路結石の効果的な予防法の一つが肥満を防ぐことだ。肥満度が増すに従い、結石の原因となる尿中の尿酸、シュウ酸などの濃度が高まる。規則正しく、過食しないことが重要になる。

 食事ではレバーなどプリン体を多く含む食品を取り過ぎないようにしたい。プリン体は分解されて尿酸になる。過剰摂取すると尿酸値が高まり結石の元になる。

[画像のクリックで拡大表示]

 アルコール飲料もプリン体が多いので摂取量に注意したい。また、過度な飲酒は腎臓の機能を低下させ、尿中の尿酸値を上げてしまう。1日量の目安は、ビールなら500ミリリットル、日本酒なら1合程度にとどめるのが理想だ。

 カルシウムを取るのも効果がある。「結石の成分であるシュウ酸は、腸内でカルシウムと結合すると、便として排出される」(磯谷氏)からだ。シュウ酸の多いコーヒーを飲んだり葉物野菜を食べたりする際は、ジャコや乳製品などのカルシウムを多く含む食材と一緒に取るといい。

 尿路結石にはいくつかの治療法がある。結石が6ミリメートル未満の小さいケースは水分摂取や運動で自然に排出されるのを待つのが一般的だ。

 それ以上の大きさなら入院を伴う治療が必要になる。通常6~10ミリメートル未満なら、皮膚の外から衝撃波を当てて石を砕いた上で自然に排出させる。10~20ミリメートル未満であれば尿道から内視鏡を入れ、レーザーで石を砕いて摘出する。これより大きい結石は、背中から腎臓に開けた穴から内視鏡を入れて結石を摘出するが、体への負担が大きく入院日数も長くなる。

 結石を防ぐライフスタイルをしっかり身に付け、生活習慣病も予防したい。

(ライター 武田京子)

[NIKKEIプラス1 2019年7月27日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.