日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 「医療メディエーション」 患者と医師を橋渡し  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

「医療メディエーション」 患者と医師を橋渡し

トラブル回避 冷静な話し合い促す

 日本経済新聞電子版

 6月に東京都内で開かれた研修では、看護師や事務職員ら約20人が患者と医師、メディエーター役に分かれ、ロールプレーに挑んだ。徳島県の女性看護師(55)は「『言った』『言わない』でこじれることも多い。うまく橋渡しできるよう考えたい」と話す。

養成研修で、参加者が患者・医師・メディエーターに分かれてトラブル解決の話し合いを体験した(6月、東京・新宿)
養成研修で、参加者が患者・医師・メディエーターに分かれてトラブル解決の話し合いを体験した(6月、東京・新宿)
[画像のクリックで拡大表示]

 国も制度を後押しする。12年度の診療報酬改定で、専従の職員を相談窓口に置くなどした医療機関に加算する仕組みを導入。厚生労働省によると、13年は約4割に当たる3477病院が加算を届け出た。13年には「医療対話推進者」の名称で職務として位置づけ、業務や研修の指針を示した。

 今年10月には医療事故調査制度が始まる。各医療機関には公平な調査や患者側への十分な説明が一層求められ、メディエーターの役割も増しそうだ。

 ただ制度を取り入れても、患者の不満や抗議を聞くだけの「苦情係」になるなど「活用しきれていない病院も多い」(協会)。早稲田大学大学院の和田仁孝教授(紛争解決)は「病院長や医師が意味を理解しなければ正しい役割を果たせず、患者にも認められない。量・質をどう引き上げるかが課題」と指摘する。

 北里大学病院は13年から院内での研修にも力を入れ、早い段階で医師からメディエーターに連絡が入るようになったという。損保ジャパン日本興亜リスクマネジメントは対応例などを含むDVD教材を作製した。メディエーターだけでなく、医師にも見てもらうことを想定している。

 医療トラブルで裁判になると、病院、患者双方にとって負担が大きい。医療過誤原告の会の宮脇正和会長は「病院によって患者と向き合う姿勢に大きな差がある。患者を納得させるのではなく、本当のことが知りたい、という思いに応えるよう心がけてほしい」と訴える。

増加する医療訴訟 審理に平均2年弱

 治療をめぐって病院の説明に納得できなければ、裁判などの司法手続きに移る。

 最高裁によると、2014年に全国の地方裁判所に提起された医療関係の訴訟は前年比8%増の847件。平均審理期間は2年弱で、全民事訴訟の平均(約8カ月)倍以上。高度な医療知識が求められ、カルテの鑑定や証人確保などに時間がかかるためだ。

 一方、裁判ではなく、弁護士会が選んだ医療紛争に詳しい弁護士らが話し合いを仲裁する「医療ADR(裁判以外の紛争解決)」の仕組みもある。民事裁判より短時間で決着し、費用も抑えられることが多い。

 日本弁護士連合会によると、医療ADRで13年度に全国で68件を解決、170件を受理した。ただ医療紛争に特化した枠組みがあるのは全弁護士会の2割にとどまっている。解決した件数の内訳も愛知県(16件)第二東京(12件)東京(8件)の3弁護士会で半数超を占め、地域によって差があるのが実情だ。

(小川知世)

[日本経済新聞朝刊2015年7月26日付]

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.