日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > たかが虫刺されと侮らない 放置で疾患や重症化リスク
印刷

トピックス from 日経電子版

たかが虫刺されと侮らない 放置で疾患や重症化リスク

 日本経済新聞電子版

夏になると虫に刺される機会が増える。軽いかゆみですむ場合もあるが、深刻なアレルギー反応や、感染症につながるものもある。たかが虫刺されと侮ることなく、正しい処置法や予防法を身につけたい。

写真はイメージ=(c)teeramet thanomkiat-123RF

 虫に刺されると、痛みやかゆみ、腫れをともなう皮膚の炎症が起きることが多い。個人差があり、同じ虫に刺されても症状が異なる。

 炎症を起こす仕組みは2つ。一つは虫が刺した毒成分が皮膚を直接刺激し炎症を引き起こすもの。もう一つは虫の有毒物質や、人に刺す時に注入する唾液成分に対するアレルギー反応によるものだ。皮膚に侵入したこれらの物質を、体が抗原(アレルゲン)と認識し抗体を作る。次に刺されると、この抗体が抗原に反応することで炎症が起きる。

[画像のクリックで拡大表示]

 いずれにせよ毒のある虫に刺されたら、傷口周囲を圧迫して毒を絞り出し、流水で洗浄し患部を清潔にして冷やす。わかばひふ科クリニック(東京都武蔵野市)院長の野崎誠氏は「毒を口で吸い出すと、口内から毒が体内に浸透する可能性があるので控えるべきだ」と注意を促す。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.