日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 海藻で暑い夏を乗り切れ

トピックス from 日経電子版

海藻で暑い夏を乗り切れ

塩分うまく調整、胃腸守る

 日本経済新聞電子版

 高温多湿な夏は汗でミネラルが奪われ、だるくなったり疲れやすくなったりする。胃腸の調子が悪くなるほか、食欲が落ちて栄養バランスを崩すことも。こんな夏バテを防ぎ、元気にしてくれる栄養素が「海藻」には豊富だ。最近注目の海藻成分や栄養価の高い「アカモク」を取り入れよう。

 暑さで胃腸の消化機能が衰え食欲も落ちると、喉越しがよいそう麺など炭水化物中心になりがちだ。「ますます必要な栄養素が足りなくなる。海藻で上手に補ってほしい」と話すのは、食文化研究家で自然食品の開発や販売を40年以上手掛けるTAC21(神奈川県逗子市)の田耕邦子社長。

減塩食のお供に

 海藻の主な成分は食物繊維とミネラルだ。実は食物繊維の量は野菜にも負けない。ほかに体内で効率よく必須アミノ酸になる良質のタンパク質、魚ほど多くはないが動脈硬化予防で知られるEPA、脳の働きに関わるアラキドン酸も含まれる。

 夏バテ予防に欠かせないのは身体の機能を維持・調整するミネラル。なかでも一般的に最も多いのがカリウムで、ナトリウムと共に細胞の働きに欠かせない存在だ。他にカルシウム、マグネシウムも含む。カリウムには余分な塩分(主な成分はナトリウム)を体外に出す作用もある。塩分を取りすぎると高血圧や脳卒中のリスクが高まるため、カリウムとナトリウムのバランスは重要だ。

 北海道大学大学院水産科学研究院の宮下和夫教授は「減塩食は味が薄く食欲が落ちがち。海藻粉末を加えればうまみが加わる」と話す。同大大学病院は海藻粉末入りの病院食の開発を始めた。

 海藻が夏に動きが鈍りがちな腸の働きを助けることも期待できる。海藻に多く含まれる食物繊維は腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整える。「腸の調子がよくなると腹持ちがよくなり食べ過ぎも抑えられる。脂質や糖の代謝も上がり、糖尿病や高脂血症になりにくくしてくれる」(宮下教授)という。

 海藻を刻むと出る粘り成分の正体は食物繊維だ。特にアルギン酸はコレステロール値の改善や血圧上昇抑制、重金属排出作用があるとされる。同じく粘り成分フコイダンには、がんやアレルギーを抑えたり、血液を流れやすくしたりする働きがあると分かっている。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.