日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 海藻で暑い夏を乗り切れ  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

海藻で暑い夏を乗り切れ

塩分うまく調整、胃腸守る

 日本経済新聞電子版

 海藻はいろんな種類があるが、栄養価が高くこの数年注目されているのが「アカモク」だ。昆布やワカメ、ヒジキ、モズク、メカブなどの仲間の褐藻類(かっそうるい)。船に絡まり「邪魔モク」と呼ばれ捨てられていたが、東北地方の一部では「ギバサ」「ギンバソウ」と呼ばれ、食べられてきた。この数年は「栄養価の高さから、東北だけでなく湘南地域など各地で食用として見直されている」(田耕社長)。

[画像のクリックで拡大表示]

クセのない味

 アカモクに突出して多いのが色素の一種「フコキサンチン」だ。宮下教授らは約10年前にこの色素の「肥満予防効果」を発表した。体重が90キロ以上のロシア人の肥満女性に成分入り食品を16週間食べてもらったところ、食べない人より体重が減ったという。余分な体脂肪がたまりにくくなるほか、糖の消費吸収を上げ、糖尿病のリスクも下げると期待できるという。

 この色素の抗酸化力も注目されている。体内で活性酸素が異常に増えるのを抑え、老化予防や動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの疾病予防に役立つと考えられている。

 さて海藻はどう食べるといいのだろう。大量に海藻ばかり取るのは勧められない。普段の食事に少しずつ加えてみよう。アカモクはゆでて冷水で粗熱をとり、刻むと粘りがでる。酢を加えて食べてもよいし、クセがないので納豆に混ぜるほか、ハンバーグのつなぎやサラダの具材、麺類のトッピングにしてもいい。

 アカモクは昆布やワカメと同様、乾燥した物や顆粒状の加工品があり、年中手に入る。「スープに加えると、うまみ成分でワンランク上の味に仕上がる」(田耕社長)

 夏は「海藻風呂もお勧め」(同)だ。好みの海藻を水洗いし、沸騰した湯に軽くくぐらせて消毒。目の細かい洗濯ネットなどを2重にして入れ浴槽に沈める。「強い紫外線やエアコンでダメージを受けた肌に潤いをプラスできる」(田耕社長)。「アカモクなど褐藻類の粘り成分は肌の乾燥を防ぎ、保湿する力がある」(宮下教授)。洗い流しても、保湿効果はしばらく持続できるという。

 海藻パワーで体の内と外から健康作り。暑い夏を上手に乗り切りたい。

日経Gooday春割2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定
日経Gooday春割2022

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.