日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 胃の病気、治療法が進化
印刷

トピックス from 日経電子版

胃の病気、治療法が進化

酸分泌抑える新薬登場

 日本経済新聞電子版

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など胃の周辺の病気の治療法が進歩している。より強力に胃酸の分泌を抑える新薬が登場。予備軍を含めて1500万人が悩むと推定される逆流性食道炎の治療期間を半減できるほか、胃がんの原因にもなるヘリコバクター・ピロリ菌を取り除く効率をアップさせるという。負担の少ない鼻からカメラを入れる最新内視鏡検査なども活用し、早期発見・治療につとめたい。

 武田薬品工業と大塚製薬は今年2月、胃酸過多で起きる胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療薬ボノプラザンを発売した。胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害剤(PPI)と呼ばれる従来薬と作用の仕方が違うため、兵庫医科大学の三輪洋人教授は「弱点を補う新薬として期待されている」と説明する。

[画像のクリックで拡大表示]

 胃壁の細胞は食物を消化する胃酸を作る。胃酸が過多になって胃や壁を守る粘膜が傷つき、組織の一部がなくなるのが胃潰瘍だ。胃酸が上部の食道や下部の十二指腸に流れ出るとそれぞれ炎症が起きる。

 PPIは服用したあと、体内で代謝されて生じる物質が、胃の細胞の中の胃酸を送り出す酵素の働きを阻害して分泌を抑える。効果は高いが、作用するまでに3~5日かかり、しかも効き方には個人差がある。

 新薬のボノプラザンはカリウムイオン競合型酸分泌抑制剤と呼ばれる。胃の細胞の中の酵素に存在するカリウムイオンと競合して胃酸の分泌を直接阻害するため、服用して数時間で効き目が最大となり、多くの人に効きやすい。患者が急増している逆流性食道炎の治療期間をこれまでの半分の4週間にできるほか、胃の中のピロリ菌の除菌の効率を上げるという。

 ピロリ菌は抗生剤で死滅させるが、抗生剤の作用を高めるために胃酸を抑えるPPIを使っている。ところが、保菌者の多くが風邪などで抗生剤を飲み続けた結果、ピロリ菌が耐性を獲得。当初8割あった除菌の成功率が7割ぐらいに低下した。ボノプラザンはPPIよりも強く胃酸を抑えるため、成功率は9割以上になるという。

 ピロリ菌の怖さは潰瘍に引き続き、がんを引き起こすところにある。ピロリ菌は1983年にオーストラリアの学者が発表し、慢性胃炎や胃潰瘍の病原体と提唱した。その後、胃がんの原因になることも判明。2000年ごろから胃炎や胃潰瘍の患者には積極的に抗生物質を投与するピロリ菌の除菌療法が普及した。病原説がまだ確立していなかったころに、自らも半信半疑で除菌した経験を持つ慶応義塾大学医学部の鈴木秀和准教授は「十二指腸潰瘍の痛みがウソのように楽になった」と効果を語る。

 国内の保菌者は約6000万人といわれ、60代以上では7割以上にのぼる。1960年代ごろから、直接井戸水を飲まなくなるなどの公衆衛生の進歩で20代だと2割以下まで下がる。ただ、保菌者の1000人中3人程度が胃がんになるとされているため、兵庫医大の三輪教授は「胃痛があってもなくても、特に中高年は検査したほうがいい」と強調する。

 検査法も進んでいる。慢性的な胃もたれを感じる50代後半の記者は鳥居内科クリニック(東京・世田谷)を受診した。胃カメラよりも検査時の苦痛や負担が少ないという経鼻内視鏡を選択。鼻に麻酔が効くのに30分ほどかかるが、胃カメラと違って医師と会話しながら検査を受けられる。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.