日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 豚の生食提供禁止 肉の食中毒、加熱で防ぐ
印刷

トピックス from 日経電子版

豚の生食提供禁止 肉の食中毒、加熱で防ぐ

増えるE型肝炎、調理器具も注意

 日本経済新聞電子版

生肉を食べて、E型肝炎になるケースが目立ってきた。3年前に牛レバーの生食販売が禁止されたのを受け、豚生肉を提供する店が増えたのも影響するといわれる。豚肉は中心部まで十分加熱して食べれば問題ないが、生肉を触れた調理器具などから感染することもあるため、取り扱いには十分気をつけたい。イノシシなどのジビエ肉についても同様の注意が必要だ。

 厚生労働省は12日、飲食店などで、レバーなど内臓を含む豚の食肉を生で提供することを禁止した。動物から人に感染することがあるE型肝炎にかかるリスクが高いからだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 2011年4月に発生した焼き肉チェーン店での集団食中毒を受け、厚労省は牛レバーの生食用としての販売を12年7月に禁止した。その後、飲食店で代替品として、「豚のレバ刺し」などを提供する店が目立ってきた。各自治体の調査をまとめると、12年12月末には全国で80店舗だったが、13年夏には190店舗と一気に増えた。豚しゃぶでE型肝炎になることもあるという。

 と畜場で食肉用に出荷された豚の肝臓を調べたところ、約2%がウイルスを持っていたという報告もある。また、北海道や都内のスーパーマーケットや精肉店の生の豚レバーを調べたところ、2%前後でウイルスが検出されたという。

 こうした実態を受け、厚労省は公衆衛生上のリスクが高いと判断し、生の豚肉の販売を禁止した。「新鮮でも豚肉にウイルスが含まれていることはあるし、特定の病原菌を持たないSPF豚もリスクはある」(厚労省食品安全部基準審査課)と注意を喚起する。

 実際、黄疸(おうだん)と全身のだるさなどを訴えて病院を受診し、検査の結果、E型肝炎と診断される例が最近になって増えている。国立感染症研究所の調査によるとE型肝炎の患者数は11年には61人だったが、12年には121人と急増。14年には154人(暫定値)に増加した。

 E型肝炎はウイルスに汚染された食物を食べたり、水を飲んだりして感染することが多く、衛生状態が良くない途上国を訪れた人が帰国後、発病する「輸入感染症」とみられていた。だが、00年ごろから渡航歴のない患者でウイルスが見つかり、イノシシやシカなどの肉を生で食べると感染することがわかってきた。


1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.