日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > のどのつかえ・違和感 胃酸逆流やストレスが原因も  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

のどのつかえ・違和感 胃酸逆流やストレスが原因も

 日本経済新聞電子版

 広島大学病院総合内科・総合診療科の小川恵子漢方診療センター長は「更年期以降の女性に多いが、年齢や性別に関係なくストレスのたまった人にみられることもある。最近は新型コロナウイルス禍のストレスで医療関係者などからの訴えもある」と話す。

 漢方では古くから「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれる病態がある。梅の種がのどに引っかかってのみ込もうとしてものみ込めないような状態で、咽喉頭異常感症に通じる。治療によく使われる代表的な漢方薬が「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」だ。小川センター長は「1~2週間で改善する人が多い」と説明する。

 強い口の渇きなどの症状を伴う場合は体質などをみながら別の漢方薬を処方することがあるという。

 もちろん生活習慣の改善にも心を配りたい。散歩などで体を動かすといい。ストレスがかかっていると感じたら深呼吸をしてみよう。

 コロナ禍によって最近は在宅勤務やウェブ会議が多くなった。斎藤教授は「リモートだと無意識のうちに声を高く張り上げるため、のどが乾燥しやすい」と忠告する。乾燥はのどの違和感の原因になりうる。こまめに水分を補給して、のどの潤いを保つようにしたい。

(ライター 佐田節子)

[NIKKEI プラス1 2021年5月29日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

ストレス
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.