日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 夏のせき、カビが原因かも エアコン・水回り清潔に  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

夏のせき、カビが原因かも エアコン・水回り清潔に

浴室50度の湯で流す/せき続くなら受診を

 日本経済新聞電子版

 6月は空中のカビが最も増える。カビは胞子を飛ばし、人間の皮脂やホコリ、せっけんかすなどの栄養源に付着して発生し、繁殖する。NPO法人・カビ相談センター(東京・大田)の高鳥浩介理事長は「気温が20~30度、湿度が80%を超えるとカビが発生しやすい」と話す。

 カビを吸い込むのは避けられないが、吸う機会をなるべく減らすのが感染予防の第一歩。特にこの時期は家の中の環境を清潔に保ち、カビの発生を防ぐのが重要になる。

 カビの種類ごとに、生息しやすい場所がある。「トリコスポロンは湿気のある場所を好む。アスペルギルスはホコリの中に多い」(高鳥理事長)。梅雨時は特に、室内のこまめな換気と水回りの掃除で、湿気とホコリを除去しよう。

 最も注意したいのはエアコンだ。フィルターにホコリがつきやすいうえ、内部の結露でカビが増える。汚れたまま使うと、部屋中にカビをまき散らすことになる。フィルターは定期的に掃除しよう。高鳥理事長は「エアコンの使用後は送風に切り替え、30分ほど内部を乾かしてから電源を切るといい」と助言する。

 湿気が残りやすい浴室は換気をよくして、入浴後に浴室内の水分を拭き取る。「週に1度はシャワーを使い、50度台のお湯で10秒ほど浴室内を洗い流すと、表面に付着したカビは死滅する」(高鳥理事長)。花王の調査によると、シャンプーや洗剤の容器裏、キッチンの蛇口付け根や排水溝の縁に、菌が多く発生しやすいという。

 夏型過敏性肺炎も慢性肺アスペルギルス症も、しつこい夏風邪や気管支炎などと見分けにくい。一度感染すると命に関わる場合もある。亀井教授は「せきや痰が3週間程度続くなど、気になる症状があれば、呼吸器内科を受診してほしい」と呼びかけている。

(ライター 田村知子)

[NIKKEIプラス1 2017年5月27日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経Gooday春割2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定
日経Gooday春割2022

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.