日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 病院おもてなしの時代、「ホスピタルティー」で安心治療
印刷

トピックス from 日経電子版

病院おもてなしの時代、「ホスピタルティー」で安心治療

 日本経済新聞電子版

病院と聞いただけで敷居が高い。上から目線の医師と話をするのは気が重い。こんなイメージを持つ人は多いだろうが、これからの病院は、もっと患者の身になって考える「おもてなし」の精神が不可欠と考え、様々な取り組みを始めた病院もある。結果として患者が治療やリハビリに前向きになり、早期治癒すれば、医療費の削減にもつながり、社会的な意義も大きい。

ホスピタルティーを打ち出す美原記念病院(群馬県伊勢崎市)

 患者とのコミュニケーションに「おもてなし」の姿勢が不可欠。群馬県伊勢崎市の美原記念病院は、病院とおもてなしの英語を掛け合わせた「ホスピタルティー」を掲げるユニークな病院だ。取り組みを開始したのは今年4月から。同病院は脳・神経疾患の専門病院で、脳梗塞、脳出血などの急患が多い。手術後は、半身マヒなどを改善するためにリハビリが不可欠だ。

静脈認証で担当医からのメッセージが流れる(群馬県伊勢崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 リハビリはつらく、苦しいが、単調なリハビリを継続することが最善の治療になる。患者が少しでもリハビリに前向きに取り組めるよう、ホスピタルティーの立場から考えられたのが、写真の「ハイタッチ先生」だ。患者はあらかじめ氏名、生年月日、出身地、趣味などの基本情報を入力しておく。リハビリを始める前にパネルの静脈認証装置で本人を確認すると、担当の医師から様々なメッセージが流れる

 筆者も登録してみた。例えば趣味を野球観戦、好きな球団は日本ハムファイターズと入力しておくと、「昨日もファイターズ、見事な勝利でしたね。では今日もリハビリ、頑張りましょう」といった医師からのメッセージが流れる仕組みだ。通常、患者が医師と接するのは診察時だけで、毎日のリハビリの現場には療法士しかいない。そこで医師との心理的な距離を縮め、いっしょにリハビリに向かう気持ちを高めてもらう狙いがある。流れるメッセージは療法士がそれぞれの患者の状況をみて日々、記入している。

消毒液のポンプを押すと時候の話題が表示される(群馬県伊勢崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 病院の玄関や病室の入り口にあるのが「消毒先生」だ。よく見かける手を消毒するためのアルコール液のボトルだが、美原病院の場合、ちょっとした工夫がされている。ポンプを押すとメッセージが流れる。こちらは特定の患者用ではないので、時候の話や時事テーマなどが中心になるが、明るい色合いの外見も手伝い、目を引く。消毒先生の導入から2カ月、アルコール液の使用量は1.5倍になった。「感染予防という観点から、極めて有効といえる」(美原記念病院)

膝掛けに脳トレクイズが描かれている・Q:1軒しかない家はどれでしょう?(群馬県伊勢崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 待合室にあるのが「ひざかけ先生」だ。診察の待ち時間に患者が自由に使える膝掛けに、様々なクイズが描かれている。いずれも脳のトレーニングに有効なクイズだ。ポスターも写真のように、わざと文字の配列を入れ替えてあり、頭の中で正しい文章に直してもらうことで、脳トレになるように工夫がされている。

 美原記念病院は、公益財団法人、脳血管研究所の付属病院として1964年に設立された。病院としては珍しく、長く文部科学省の管轄下にあった。脳梗塞患者などの緊急手術からリハビリ、退院後の通院治療を一気通貫で担っている。治療が長期化した場合に入ることができる養護施設もあり、在宅治療を希望する患者には訪問看護の体制も整っている。治療に要する日数が少ないのも特徴で、手術からリハビリ病棟に移るまでの平均日数は7.8日と全国平均の12.7日より短く、リハビリ病棟在籍期間も47.2日と全国平均の76.6日に比べて大幅に少ない。長く患者がとどまる方が病院としては収入が増えるのだが、同病院の場合、成り立ちの経緯などから、収益を過剰に追求する経営風土はない。

美原記念病院院長の美原盤さん(群馬県伊勢崎市)

 そんな美原記念病院がこのほど、ホスピタルティーという患者へのおもてなしの姿勢を打ち出した背景には、国家の厳しい財政事情のもと、医療費削減が待ったなしという状況もある。美原盤院長は「これからの時代、医療は社会的な適合を考える必要がある」と指摘する。医師が上から目線で患者を治療する、保険の点数を稼ぐために不必要な措置や投薬を繰り返す、などの過去の事例は通用しなくなる。何が患者のためになるのか。国や自治体の現状を踏まえて、医療機関はどうすべきなのか。本気で考える時代が到来した。

(編集委員 鈴木亮)

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.