日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 「手の震え」放置しないで 頻発なら早めに受診を
印刷

トピックス from 日経電子版

「手の震え」放置しないで 頻発なら早めに受診を

 日本経済新聞電子版

人前で字を書いたり、食事したりするときに、手が震えるとひそかに悩む人は少なくない。震えるだけと侮るなかれ、背後に重要な病気が潜んでいる場合もある。手の震えが出る病気と、対処法を知っておこう。

 職場の飲み会で上司に酒をつごうとして、ブルブルと手が震えて恥ずかしい思いをした――。激しく緊張したり、腕の筋肉を酷使したりした時に手が震えるのはよくある。

 震えが出ても「一時的であればあまり心配はない」と順天堂大学医学部付属順天堂医院(東京・文京)脳神経内科の服部信孝教授は話す。手の震えが頻繁に起きるなら、早めに神経内科などを受診し、原因を見極めたい。複数の病気で、手の震えが症状として出るからだ。

 最も多いのは「本態性振戦」という病気だ。震えのみが出て、他の症状を伴わない。患者は人口の2.5~10%を占めるといわれ、決して珍しくない。

 本態性振戦の震えは、字を書くときや食事中など、動作のときに起きるのが特徴だ。基本的に本態性振戦は症状が悪化することはなく、命に関わることのない「良性」の病気だ。みわ内科クリニック(東京都西東京市)の三輪英人医師は「最初は手だけだった震えが、首を揺らしたり、人前で話すと声が震えたりと、広がることもある」と話す。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.