日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > アップルウオッチの心電図アプリ、医療機器に アプリで健康チェック  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

アップルウオッチの心電図アプリ、医療機器に アプリで健康チェック

 日本経済新聞電子版

 心疾患関連のアプリが承認されて以降、同外来には、アップルウオッチからスマートフォンのiPhoneに転送した心拍などの様々なヘルスケアデータや、印刷した心電図を持参して相談に来る人が相次いでいる。突然の動悸(どうき)や胸の違和感を覚えた人が不安を感じ、その場で記録した心電図を持ってくることが多いという。

 小川聡クリニック(東京・港)は在宅での心臓管理を支援する「AW―ECGパッケージ」を開設、外来患者に自分でとった心電図を送信してもらい、リモートでの病気の早期発見に役立てようとしている。アップルウオッチのデータを診断の参考にする医療機関は増えており、心疾患診断の風景は変わりつつある。

 医療機器として承認されたアプリは心拍リズムないしは心電図を解析して、心房細動の可能性をユーザーに通知する機能がある。ただ病院や健診で行われる検査とは別物であることに注意が必要だ。「アプリの判断はあくまで医師の診断を補助するもの。患者さんも医師も、この結果だけを基に健康状態の判断をしてはならない」と木村氏はいう。

 アップルウオッチで心電図をとるときは、左手首に装着している場合、右手の指で竜頭(つまみ)に約30秒間触れて測定する。健診などでは通常、両手首と両足首の4カ所、胸に6か所電極を取り付けて12種類のデータをとるが、アップルウオッチで得られるのは、このうち両手首間の計測に相当する波形だけだ。

 一方、不規則な心拍の通知プログラムは、心電図と違って意図的に記録する必要がないため、無症状の心房細動を検知してくれる有用なツールとなりうる。しかし「常時チェックしているわけではないため、通知がないからといって心房細動が無いわけではないし、心房細動以外の心臓の異常は通知されない」(木村氏)。

 こうした制約や限界があるものの、木村氏は今回のアプリのメリットは非常に大きいと考えている。中高年に多い心房細動は自覚症状がないまま大事に至るケースが少なくないためだ。「本人が意識しなくても脈拍をモニターしてくれたり、いつでもどこでも自分の腕で心電図がとれることは画期的。コロナ禍だからこそ、家庭での自己健康管理を充実させ早期発見につなげてほしい」としている。

◇     ◇     ◇

異常データ発見へ臨床研究

 慶応義塾大学病院は、アップルウオッチの心電図アプリで効率よく心臓の異常を記録するための臨床研究「アップルウオッチ・ハートスタディー」を2月に始めた。

 臨床研究は同病院に通院する心房細動の患者グループとアップルウオッチの一般ユーザーをそれぞれ対象に実施。患者グループでは、臨床現場で使っている心電図検査の結果をもとに、アップルウオッチが記録するヘルスケアデータや心電図を解析することで、心臓の異常を予測するアルゴリズムを構築する。

 一般ユーザーが参加する臨床研究では、アップルウオッチを睡眠時に着け、翌朝質問表への回答を7回行う。睡眠や飲酒、ストレスのデータと共に、患者グループで構築したアルゴリズムを適用。ヘルスケアビッグデータを人工知能(AI)で解析をすることで、どのような時に不整脈になりやすいかを探る。

(編集委員 吉川和輝)

[日本経済新聞夕刊2021年5月19日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.