日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > だるさや寒け甲状腺原因? 妊娠中など240万人
印刷

トピックス from 日経電子版

だるさや寒け甲状腺原因? 妊娠中など240万人

 日本経済新聞電子版

 疲れやすい、イライラする、だるい、やる気が出ない、寒がりになった――。よくありがちな不調だけに我慢している人は少なくない。しかし、これらの症状の原因は甲状腺にあるかもしれない。最近では妊娠中の甲状腺ホルモン量が妊娠や胎児の発育に関わることがわかってきた。甲状腺の病気の症状と治療法などを知っておこう。

[画像のクリックで拡大表示]

 「暖かくなってきたのに汗をかかない」「寒くて冷房のかかっている部屋にいられない」。季節の変わり目、何かいつもと違う感じはないだろうか。実は甲状腺の病気によるものかもしれない。

 甲状腺は、のど仏のすぐ下にあり、ごくんと唾を飲み込んだときに動く。新陳代謝や体の成長・発達、心身活動の調整などに関わる、甲状腺ホルモンを作る組織だ。このホルモンが「不足すればだるさや冷え、過剰になれば動悸(どうき)や多汗など、様々な不調を引き起こす」と甲状腺専門の金地病院(東京・北)の山田恵美子院長。

大半が未治療

 日本で治療が必要な甲状腺の病気がある人は240万人と推計される。これは、脂質異常症の患者数約206万人を上回る。ところが、実際に治療を受けているのは約45万人にすぎない。というのも、自分が甲状腺の病気だと気づいていない人が多いのだという。

 血液中の甲状腺ホルモン量は、脳の視床下部が制御している。甲状腺ホルモン量が足りなければ、下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)が出て甲状腺の働きを活発にする。逆に、甲状腺ホルモンが多すぎればTSHの分泌量を抑える。

 こうした制御が利かない状態が、甲状腺の働きが鈍る「甲状腺機能低下症」や働きが異常に活発になる「甲状腺機能亢進(こうしん)症」だ。前者は甲状腺ホルモンが少なくなりすぎ、後者は多くなりすぎる。いずれも女性に多いのが特徴だ。

 汗をかかない、冷房が耐えられないなどの場合、低下症の可能性がある。低下症は、手術やがんなどの放射線治療で起こることもあるが、最も多いのが「橋本病」によるものだ。

 橋本病は自分の体の一部である甲状腺を、異物とみなして攻撃する自己抗体を作り出してしまう免疫の病気。女性の10人に1人にみられる。抗体が甲状腺を破壊すると、血中の甲状腺ホルモンが減り、新陳代謝が落ちて、暑いはずなのに寒く感じるなどの症状が出る。

別の病気と誤認

 ほかの症状は、だるさやむくみ、便秘といった、いわゆる「なんとなく調子が悪い」という不定愁訴が多い。医療機関に行っても、甲状腺の病気と気づかれないことがある。更年期障害や認知症、うつ病など別の病気に間違われることもある。

 橋本病かどうかは、血液検査で自己抗体があるかどうかを調べたり、甲状腺ホルモンや甲状腺刺激ホルモンの量を調べたりすれば、すぐに診断がつく。治療は、足りない甲状腺ホルモン剤を1日1回飲むだけですみ、副作用はほとんどない。

 一方、甲状腺機能亢進症の代表がバセドウ病だ。新陳代謝が活発になりすぎるため、疲れやすさや動悸、イライラ、不眠などの症状が表れる。心臓病や更年期障害と間違えられることがある。橋本病と同様に、血液検査でほぼ診断できる。

 こうした症状がなくても、妊娠を希望する女性は甲状腺の検査を受けた方がいい。甲状腺ホルモンは妊娠や胎児の発育に関わることが分かってきたからだ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.