日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 高コレステロール、自己流食事制限はNG まず検査
印刷

トピックス from 日経電子版

高コレステロール、自己流食事制限はNG まず検査

 日本経済新聞電子版

日本人の死因で上位を占める心疾患や脳血管疾患の原因となるコレステロール。健康診断で高めの値が出たときには卵や肉、バターなどの摂取を控えようと努力する人は多いが、実は体質によって必要となる対策は異なる。最近はまず体質を調べた上で、食事療法と投薬を組み合わせて治療するのが一般的だ。思い込みから誤った対策をとらず、正しい知識を付けることが重要だ。

最近のコレステロール対策は、まず体質を調べた上で、食事療法と投薬を組み合わせて治療するのが一般的だ。画像はイメージ=(c)Jarun Ontakrai-123RF

 東京都に住む50歳代の男性は健康診断の血液検査でコレステロール値が高いと判明し、岡部クリニック(東京・中央)を受診した。

 岡部正院長の指示を受け、肉などの食べ過ぎと飲酒を控えて「スタチン」の投薬を続けたところ、4カ月でコレステロールは5分の1の正常値に低下。岡部院長は「現在もスタチンの投薬を続け、値が上がるのを防いでいる」と話す。

 コレステロールは全身の細胞の膜などの材料になる。血液中の「LDLコレステロール」は肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ脂質などからなる。一方、「HDLコレステロール」は小腸で原形が作られて全身の余分なコレステロールを回収し、肝臓へ届ける。両者の合計が総コレステロールとして数値化される。空腹時にLDLが血液1リットルあたり1.4グラム以上あると、高LDLコレステロール血症と診断される。

動脈硬化の原因

 LDLは体に必須だが、増えすぎると血管の壁に付いて動脈硬化の原因になるため、悪玉コレステロールとも呼ばれる。日本人の最大3割がLDLの値が高いとみられ、男性は全年齢で高くなる恐れがある。女性は50歳を超えて女性ホルモンの分泌が減ると、LDLが増えやすくなる。これに対し、HDLは善玉コレステロールと呼ばれる。

 注意が必要なのは、卵や肉、バターなどに含まれるコレステロールがすべて血中に取り込まれるわけではないという点だ。帝京大学の寺本民生名誉教授は「LDLのうち7割は肝臓で作られる。食事から取り込むのは3割だ」と話す。

 個人の体質の差から、コレステロールを多めに摂取しても血中のコレステロール値があまり上がらない人も多い。そのため、政府は食品に含まれるコレステロールの摂取量の上限を2015年に撤廃した。コレステロール値が高い人は、まず食事療法がどれくらい有効なのか調べ、個人ごとに対策をたてる必要がある。

[画像のクリックで拡大表示]

 寺本名誉教授は「まず1カ月、卵を全く食べないように指示し、総コレステロール値が下がるか確かめる」と話す。期間中、肉や乳製品は食べていい。値が約10%下がれば食事療法が効く可能性があるとみて、卵などコレステロールを多く含む食品を控えてもらう。

 食事療法で値が十分に下がらない人は、超音波の検査装置で動脈硬化が進んでいるかどうかを調べる。心疾患や脳血管疾患を発症するリスクを判断するためだ。

 検査の結果、動脈硬化が進んでいる場合は投薬で治療する。副作用が少なく薬代も安いスタチンを使うのが一般的だ。スタチンはコレステロールが末梢(まっしょう)血管に運ばれたとき、細胞がコレステロールを受け入れるのを助ける。血中にLDLがたまらずに値が下がる。

 複数のスタチンを使ってもLDLの値がなかなか下がらない人は、エボロクマブ(レパーサ)やアリロクマブ(プラルエント)といった薬を使う。遺伝的にコレステロール値が高い人や、心筋梗塞を起こす恐れがある人が対象だ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.