日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 長旅では座って体を動かす 「ちょい運動」で血流促進
印刷

トピックス from 日経電子版

長旅では座って体を動かす 「ちょい運動」で血流促進

 日本経済新聞電子版

連休や長い休暇に飛行機や電車で旅行を楽しむと、長時間の移動に疲れることも多いだろう。立つことが難しい乗り物の中でも、座ってできる運動で効果的に体を守ることができる。覚えておいて、次の行楽に役立てよう。

座った状態でもできる運動を覚えておくと便利。(モデルは早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師・渡辺久美、以下同)

 座りっぱなしの状態が長時間続くと様々な健康リスクが高まる。立ったり歩いたりして脚の筋肉をよく動かせば、血液中の糖や中性脂肪をエネルギーとして消費する代謝が活発になる。座り続けていると代謝機能や血液の流れが悪くなる。肥満や糖尿病のほか、心臓や血管の疾患、がんなどの発症にも影響してくる。

 座っていても、30分に1回立ち上がって3分くらい動くことが望ましいが、乗り物の中など難しい場面もあるだろう。その際、椅子に座った状態でもできる運動で体をしっかり動かしてほしい。

 まずは、ウオームアップをかねて、背伸びと前屈で上半身を動かす。手のひらを胸の前で合わせ、息を吸いながら、ゆっくり背伸びする。続いて、軽く足を開き腿(もも)から脛(すね)にかけ手を添わせながら前屈。5秒程度ずつ2~3回行う。さらに、左右のお尻を交互に上げる「お尻上げ」で骨盤を刺激する

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.