日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 夏のベタベタ汗をサラサラ汗に 代謝高める筋トレ法
印刷

トピックス from 日経電子版

夏のベタベタ汗をサラサラ汗に 代謝高める筋トレ法

良い汗流す秘訣(下)

 日本経済新聞電子版

サラッと心地よい汗を流すには、筋肉トレーニングで体の代謝を高めることが必要だ。日常生活の合間に“汗トレ”を取り入れて、筋肉が効率良く熱を作り出すのを促し、気持ちよく発汗できる体をつくろう。

(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)

 前回記事「夏に備え『汗トレ』 ベタベタ汗の人は入浴で改善」では汗を分泌しやすくするために、汗腺の機能を高める入浴法ウオーキングなどの有酸素運動を紹介した。今回取り上げるのは、単なる筋力アップではなく、発汗を促す効果が望める筋トレだ。

 快い汗をかくには、まずは体内で熱を活発に作り出すことが必要。運動で筋肉の動きを活発にし、血流量を増加させることが大切だ。

 人の体熱は、安静時は主に内臓で作られ、筋肉で作られるのは20~25%にとどまる。ところが、運動時は筋肉で発生する熱が全体の80~90%に達するといわれている。大きな筋肉や鍛えられた筋肉に刺激を与えると、発生する熱は増える。

 ただ、ハードな筋トレで筋肉を鍛え上げることに抵抗を感じる人も多いだろう。そこで、仕事や家事の合間に効率良く筋肉を刺激する方法を紹介する。脳の錯覚を利用して代謝を促すトレーニングだ。

 まずは「中腰スクワット」。大きな筋肉がある太ももと下肢筋を刺激する。椅子に座った状態から、上体を前に倒してお尻を上げて、ゆっくり下ろす。可能なら、太ももが座面に触れたところから、再びお尻を上げてみよう。

※4拍子のリズムで(1)と(2)をゆっくり繰り返す
[画像のクリックで拡大表示]

 立った姿勢の場合は、膝を90度ほど曲げたあと、通常のスクワットなら膝を伸ばしきるところを中腰の姿勢にとどめて、再び曲げる。曲げる角度が90度と45度の間になるように、膝を5~10回ほどゆっくり屈伸しよう。

※4拍子のリズムで(1)と(2)をゆっくり繰り返す
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.