日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 口の渇きの悩み リラックスした食事、最良の薬  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

口の渇きの悩み リラックスした食事、最良の薬

 日本経済新聞電子版

歌も効果的

 口の中の病気と心の病気を合わせて治療しようという心療歯科の歯とハートクリニック(東京・港)の渡辺和代院長は、「一人暮らしの人や夫婦で会話が少ないと唾液は出にくいことが多い。歌を歌う、週に1回でも友人とおしゃべりをして食事をするなどしてほしい」と助言する。

[画像のクリックで拡大表示]

 唾液が減ってきたと感じたら、「笑顔で食事をしているか」「姿勢が前かがみで舌が歯に当たって緊張していないか」「良くかんでいるか」「運動をしているか」などをチェックするとよい。心配なら、医療機関で量に問題が無いかどうか調べてもらう方法もある。

 水をたくさん飲んでも唾液は出ない。「逆に舌がはれぼったく、水ぶくれになり、唾液のまわりが悪くなる人が多い」(柿木教授)

 植田教授は25年間、リハビリを指導してきた経験から、簡単な口のストレッチを勧める。「体や口に麻痺(まひ)が残っていても意識して笑顔をつくり、感情を込めた運動で副交感神経が刺激され唾液が出ることを発見した」と話す。ポイントは「ほほ笑み」の顔をつくってから始めることだという(上図参照)。

 唾液の役割は様々。消化酵素で食べ物を胃や腸で消化しやすくなるようにするほか、口から入るウイルスや細菌の増殖を防ぐ。酸性になりがちな口の中を中性に戻して、虫歯や歯周病になりにくい環境に保ち、唾液に含まれる成分は歯の表面のエナメル質を修復する。唾液は健康のバロメーターと考え、潤滑に出るようケアを心がけたい。

更年期の女性、免疫病のことも

 女性の場合、月経の直前や月経時に普段よりも強く喉の渇きを感じる人が多いといわれる。この時期は卵巣から出る女性ホルモンの一つ、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増える。ホルモンのバランスが変わることが、唾液を出すために働く自律神経にも影響し、唾液が減るという。

 一方、40代後半の更年期にさしかかった女性が気をつけたいのが、口の渇きとともに、目も乾く「シェーグレン症候群」。自分の体を免疫細胞が攻撃して起きる自己免疫疾患だ。原因は遺伝やウイルスのほか「ホルモンの影響もあると考えられている。念のため診察を受けてほしい」と渡辺院長は話す。

(ライター 高谷 治美)

[日経プラスワン2015年5月9日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.