日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 重度の肥満に外科手術 胃を一部切除、保険適用で急増

トピックス from 日経電子版

重度の肥満に外科手術 胃を一部切除、保険適用で急増

糖尿病改善の効果も

 日本経済新聞電子版

肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症など多くの病気の危険因子だ。食事や運動、薬などで治療するのがメーンだが、多くの人にとって体重を減らし、それを維持するのは難しい。非常に太っている人は胃を小さくするなどの減量手術も選択肢だ。糖尿病などを改善する効果も期待できる。手術を受ける際は食事など生活習慣の改善が重要で、専門家は「減量のきっかけと考えてほしい」と指摘する。

[画像のクリックで拡大表示]

 「115センチメートルだった腹囲が90センチメートルになった。着られる服の種類も増えた」。兵庫県西宮市に住む長距離バス運転手の男性Aさん(43)は笑顔をみせる。同市内の兵庫医科大学病院で2018年11月に胃を小さくする「腹腔(ふくくう)鏡下スリーブ状胃切除術」と呼ぶ手術を受けた。体重を身長の2乗で割って出すBMI(体格指数)は手術前には37だったが今は30を切る。

 Aさんは以前、食べる量も多く、行く先々で「ご当地ラーメン」の店などをはしごしていた。体重は110キログラムを超え、睡眠時無呼吸症の治療もしていた。テレビ番組で手術のことを知り、同病院を受診した。

 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術は2014年に国の保険が適用された。患者は(1)BMIが35以上の高度肥満(2)半年以上の内科的治療でも減量効果がない(3)糖尿病、高血圧症、脂質異常症、睡眠時無呼吸症のうち1つ以上を合併――を満たす必要がある。

 BMI35未満の人なども手術を受けられるが、自由診療となる。国内の肥満症の手術はこの方式以外も含め、18年に600例以上実施された。約50の医療機関が手掛けている。保険適用以降、急増した。

 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術では胃の約80%を切除する。残す部分は約100ccとバナナ1本程度の大きさだ。食事の摂取量を制限して体内に入るエネルギーを減らす。患者は手術後、少し食べれば満腹になる。低カロリーの「フォーミュラ食」などをとる。

手術を受けた後も定期的に通院し、医師の説明を受ける患者(兵庫医科大学病院)
[画像のクリックで拡大表示]

 執刀医は腹部に小さな穴を複数開け、腹腔鏡を入れる。胃を切ると同時に細かいホチキスのような針で閉じる専用器具などを使う。兵庫医大の倉橋康典講師は「傷口が小さく負担の小さい手術だが、太っている人が対象なので医師の熟練が要る」と話す。手術後に逆流性食道炎などの合併症が起こる可能性もある。

 また、重症の肥満症で糖尿病の症状も重い人では、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術に「十二指腸空腸バイパス術」を組み合わせることも検討される。ただ保険診療と保険外の自費診療を併用する「先進医療」となっており、施設も限られる。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.