日経グッデイ

トピックス from 日経電子版

便秘、タイプ別の解消法 腸のねじれの可能性も

お腹のマッサージや「考える人」のポーズが有効

 日本経済新聞電子版

便秘対策といえばヨーグルトに食物繊維、それでもダメなら便秘薬を試す人は多いだろう。だが実際には、うまくいかない場合もある。実は便秘にはいくつかのタイプがあり、症状に応じて対策がある。最近、腸がねじれることで起きる便秘があることも分かってきた。タイプ別便秘の原因と対策をまとめた。

PIXTA

新しいタイプも

 便秘には大きく4つのタイプがあることが分かってきた。そのなかでも、今、知っておいてほしいのは「『ねじれ腸』というタイプの便秘」と指摘するのは、久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の水上健内視鏡部長だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 水上部長は患者の大腸内視鏡検査をするなかで、腸の一部がねじれている人が非常に多く、便秘になりやすいことに気づいた。「ねじれた場所は便が通りにくく、硬い便が栓のように詰まる」(水上部長)。腸の動き自体は正常なので詰まった便を通そうと活発に動く。すると腸の中の圧力が上がり痛みが出る。

 便秘を解消しようと、サプリメントなどで食物繊維を大量にとったり、下剤を飲んだりすると、ますます痛むことも。

 ねじれ部位は人によって差があるが、下行結腸やS状結腸部分がねじれると便秘になりやすい。「便秘のとき、いつも同じ所が痛む人は、そこがねじれている可能性が高い」と話す。

 対策は意外と簡単で、ねじれている場所を外からマッサージすること。グイグイ押すのではなく、お腹の中をゆらゆらと優しく揺らすイメージだ。ねじれがゆるんで通りやすくなる。左脇腹から下腹部を中心に揺らす。腸が下腹部の方に垂れ下がっている場合も多いので、下腹部からみぞおちに向かってゆさゆさ押し上げるのもいい。

 マッサージのほか、「体をねじる運動も有効」と水上部長。運動というと歩くことを考えるが、ねじる動作が多いラジオ体操がお勧めだ。

 その他、従来からいわれる便秘には「直腸性便秘」「けいれん性便秘」「弛緩(しかん)性便秘」の3つがある。

 「直腸性便秘」は便が腸の出口付近で詰まる。便意があるのにトイレを我慢することが原因といわれてきた。便意は便が直腸に入ったサイン。日ごろから我慢していると、やがて便意が鈍り、直腸に便がたまる。このタイプは、便意がなくても毎朝習慣的にトイレに行こう。徐々に便意を感じられるようになる。

考える人で解消

 同じ直腸性便秘でも、排便時の「姿勢」と関連して起きる場合があることが分かった。大腸肛門病センター高野病院(熊本市)の高野正太部長は、上体を前に深く傾けたロダンの「考える人」のポーズで、便秘の人の約半数がスムーズに排せつできることを見つけた。

 このときX線造影検査で直腸を撮影すると、「考える人」のポーズを取った場合は直腸の湾曲がゆるみ、便が通りやすくなっていた。結果を今年2月、欧州の医学論文誌に発表した。

 直腸は普段、肛門付近の筋肉に引っ張られ、鋭角に曲がっている。排便時は本来、この筋肉がゆるんで直腸が伸びるが、「この筋肉が硬直していると、直腸が伸びにくい」と高野部長は説明する。ポーズでゆるみやすくなるという。

 一方、「けいれん性便秘」は主にストレスが原因。腸がけいれんし、コロコロで小粒の硬い便になる。リラックスが最善策だ。お通じが無いことを気にし過ぎるとストレスになる。2~3日に1回でも、気持ちよく出ていれば良しと考えよう。

 「弛緩性便秘」は、腸の筋肉の動きが落ちてたるみ、便が停滞する。運動不足が原因といわれるが、水上部長は「下剤の使い過ぎで腸が弛緩するケースが目立つ」と指摘。下剤の多くはセンナや大黄など、腸を刺激する成分を含む。便秘解消をうたう健康茶なども同様だ。これらを常用すると腸が疲れて動きが鈍る。

 下剤の頻度を減らし、腸を休めよう。毎日使っているなら、週3回ほどに。「排便は毎日でなくても問題無く、下剤を飲んだ翌日に出ればいい」(水上部長)。

 食事が原因のこともある。「偏食で食物繊維が足りない」人と、「食物繊維を取り過ぎ、その割に水分が少ないため、硬くてかさの多い便が詰まる」人とがいるという。

[画像のクリックで拡大表示]

 便秘はこれらの原因が複合して起こる場合もある。自分に合う対策を探ろう。また、大腸がんなど病気が原因のことも。血便や細い便、微熱、急激な体重減少に気づいたら医療機関の受診を。

繰り返す便秘と下痢、腸を揺らしてみる

 下痢に悩む人もいる。水上部長は「ねじれ腸が原因で下痢になるケースも多い」と話す。「ねじれた部分に硬い便が引っかかると、便がたまって便秘になる。その後、栓が外れて開通すると、たまっていたゆるい便が流れ、今度は下痢が起きる」(水上部長)。つまり便秘と下痢を繰り返すパターンが典型的。この場合も、腸をゆらすマッサージが有効だ。

 下痢の原因には、このほかにも、ストレスや乳糖を分解できない病気、アルコールの取りすぎなど食生活の問題、潰瘍性大腸炎などの病気もある。ストレスで下痢になるのは主に男性で、女性はストレスから便秘になる人が多いという。

(ライター 北村 昌陽)

[日経プラスワン2016年5月7日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。