日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 肩のつらいこり、脇の筋肉の硬さから  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

肩のつらいこり、脇の筋肉の硬さから

 日本経済新聞電子版

心身の状態映す

 また「肩を落とす」「肩に力が入る」といわれるように、精神的なショックなども肩に表れる。筒井教授は「肩は心身の状態を映すバロメーターともいってもいい」と話す。肩の動きの異常に早く気づくことが大切だが、問題は腕や脚の動きは自分で見えても、その動きが正常かどうかは気づきにくいことだ。

 理学療法士の山口光国さんは「鏡を使えば肩の基本的な動作を確認できる」と話す。例えば、真っすぐ胸を張って立ち、左右の肩が同じかどうかを確認する。さらに腕を上げてバンザイしてみる。この時に左右の腕の角度は同じだろうか。

 次に背中を伸ばして椅子に座り、片方の肘を直角に曲げ、もう片方の手で軽く固定。そして円を描くように回してみる。スムーズな円ではなく、肩の動きが三角形を描いていないか。また、腕を肩の位置まで上げて体の前に伸ばしたり、後ろに引いたりしたときに、しっかり肩も動いているだろうか。

 山口さんは「こうした肩チェックは、肩の異常に気づくきっかけになるほか、肩の動きを健康に保つトレーングにもなる」と話す。ただ、この動作で強い痛みを感じる場合、動作が正しく行えない場合などは、早めに整形外科などで相談した方がよいという。

[画像のクリックで拡大表示]

 肩には体全体の老化が表れやすい。肩の不調を予防するために心がけたいこととして筒井教授は「若々しいエレガントな動き」を挙げる。例えば、物を取るとき、振り返るとき、年とともに首や手など先端部から動かしやすい。それを腰や胴体から動かすと「若々しく見える」だけでなく、五十肩や首の痛みを予防することにつながる。

 また、体の筋肉は動かさないでいると、しだいに硬くなる。デスクワークの多い人は、足腰や胴体の筋肉が硬くなっているのに、腕だけ使うので肩に負担をかけて肩こりになりやすい。正しい姿勢と軽い運動で解消を心がけたい。

 背筋を伸ばし、椅子に浅く腰掛け、立ち上がろうとするような前傾姿勢が肩に負担がかからないという。こりを感じたら、強く肩をもむのは逆効果だ。座ったまま腕をゆっくりと左右に引き上げるような運動を数回行うと、体の脇の筋肉を伸ばすことができ、肩の負担も軽くなるという。

 普段、自分では気づきにくい体の動き。筒井さんは「週に1度は、鏡やスマホの動画撮影機能を使って姿勢や動作をチェックしてみては」と助言する。

子どもの肩動きにくく、ケガの原因に

 理学療法士の山口さんは、普段の診療経験を通じて、「子供たちの肩が硬く、可動範囲が狭くなっている」と感じている。「住宅事情によりハイハイなど腕をつかって動きまわる機会が減っている上、ジャングルジムなどぶらさがる遊具も減っていることが原因ではないか」と推察する。

 肩の機能が未発達のまま、少年野球、サッカーなど激しいスポーツに取り組むと、さまざまなスポーツ障害をもたらす要因にもなる。「安全を確保しながら、野外での遊びなど、さまざまな運動に親しんでもらうことが、子供の肩を守ることにつながるのではないか」(山口さん)と提案する。

(ライター 荒川 直樹)

[日経プラスワン2015年5月2日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.