日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 蚊が運ぶ病気を防ごう 汗ふき取り虫よけ使用  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

蚊が運ぶ病気を防ごう 汗ふき取り虫よけ使用

赤ちゃんから大人まで使える虫除け剤も登場

 日本経済新聞電子版

帰国後にも注意

[画像のクリックで拡大表示]

 手や首筋など肌の露出部には虫よけ剤を塗布したい。蚊など血を吸う虫対策としては、ディートという成分が使われるものが効果があるとされる。ただし、6カ月未満の乳児には使用しないほか、6カ月~2歳未満の塗布は1日1回、2~12歳未満は1日1~3回と制限がある。

 今年、新たにイカリジンという成分の入った商品が発売された。「小児への使用制限がなく、赤ちゃんから大人まで使える」(大日本除虫菊)。

 蚊は汗の臭いなどを感知して寄ってくるので、汗をかいたらこまめに拭き取る。「服は白っぽいものより黒っぽいものに寄っていく傾向があるので、白っぽい服を着るのもよい」(同社)といった対策も有効だ。

 海外旅行から帰国した後も配慮が必要だ。感染しているのに気づかず入国し、国内で蚊に刺されることで、病気を広げてしまうケースが今後増えると考えられるからだ。沢辺部長は「帰国後1週間は蚊に刺されないようにしてほしい」と話す。

 身のまわりの蚊を少なくする努力も大切だ。例えば、庭の鉢植えの水受けに水がたまっていないか、空き缶などが散乱していないか、近隣の公園に水たまりはないかなど、都会の蚊の発生源を無くしていくことが大切だ。

 沢辺部長は「グローバル化と温暖化が進んでおり、蚊が媒介する病気を日本に持ち込まない注意が欠かせない」と強調する。一人ひとりが刺されない、広げない蚊対策を心掛けたい。

渡航前に感染症情報を入手

 蚊が媒介する病気の中でも、デング熱やジカ熱は命にかかわる場合が比較的少ない。しかし、世界にはマラリアや黄熱病など高リスクの病気もある。渡航前には、厚生労働省検疫所の「海外で健康に過ごすために」というホームページ「FORTH(フォース)」などの情報をチェックしておきたい。

 公開情報には、各国における地域ごとの流行情報も掲載されている。例えば、マラリアのリスクのある森林地帯などを訪れる場合、より持続時間の長い(濃度の高い)虫よけ剤や、夜間の蚊取り線香使用、さらには予防接種や薬の服用などが推奨される場合もある。

(ライター 荒川直樹)

[日経プラスワン2016年4月30日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.